トップへ戻る

男性が殴りたくなる女とは

男性が殴りたくなる女とは

男性が殴りたくなる女とは

男性はお礼しない女というのが嫌いなんですが、そういう女というのは『殴りたいほど嫌い』となるため注意した方がいいです。
『お礼しない』これって結局一方的ですから、嫌われることは当然であり、さらには憎まれることだって当たり前となりますので、
こういう女というのは『殴られても仕方がない』『殴られて当然』という女になりますので覚悟しておきましょう。

『女に手を出すのはダメ』これが言われていたのはかなり前の事であり、この2014年現在では『そんな考え方はない』となります。
というのも、近年は男女平等です。平等ならば全て平等ですから『女だから』という考え方などないのです。

『男に手を出すのはダメ』こんな言い方はありませんよね。それならば『女に手を出すこと』これだってNGではないんです。
もちろん『法律上の問題』では暴力はNGでしょう。

スポンサーリンク


これは性別に関係なく、また人間以外でも『子供・動物への暴力』もNGですし、さらに破壊的な行動というのが評価されることはありません。
しかし、『状況によっては仕方がない』ということもあるでしょう。

例えば『相手が先に手を出した』こうなれば応戦しなければなりませんから、
そういう状況だったら『相手が女でも、さらには人間以外のものでも関係なく暴力を使う』となるはずです。

これは正当防衛の範囲内ですし、近年の場合、こういう部分では『女だから』ということなど全く関係ありませんのでそれを注意するべきなんです。
離婚の慰謝料などもそうです。

女性によっては『男は女に請求しない』などのようなバカな考え方を持っている人もいますが、それもおかしいでしょう。
男女は平等ですから『女性が請求できるものは男性も請求できる』これが常識となります。
従って、女性もその辺は十分に理解するようにして、何かあった時に男性に殴られないで済むようにしましょう。


男女では体力が違いますから、女性が悪いにしても『男性に殴られたら大けがをする』という可能性があります。
しかし大けがをしたところで悪いのは女性ですから、自業自得ですよね。

よく『女は体力的に弱いから、男は手を出さないべき』と言う人がいますが、そんな道理が通るはずがないんです。
それでは平等ではありませんし、そもそもそれを認めたら、男性は一方的にやられることになります。

男性も『相手が誰でも殴られたら殴り返す』となりますので、それは頭に入れておいた方が自分のためです。
世の中女性のためにできている訳ではありませんから、平等を自覚して、それを守れる女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6