トップへ戻る

キスの練習をする方法

キスの練習をする方法

キスの練習をする方法

キスの練習をする方法とは?
キス経験がないと、いきなり本番だと不安だから練習しておきたいと考える人も多いのでは?
これは男性でも女性でもある悩みでしょう。

女性だって、ただされるがままという訳にはいきませんし、
あまりに受け身だと男性の気持ちが冷めてしまうこともありますのでそれは避けた方がいいです。

従って練習は大切になりますが、キスの練習に関しては男女どちらも変わりません。
する側でもされる側でも基本的なことは同じですから、そのつもりで練習してみましょう。

スポンサーリンク


・キスの練習1
よくある練習が『毛布などを相手に練習する』ではないでしょうか?
寝る時に毛布にキスをしてみたり、好きな人を想像しながら練習すること、
これは誰でも経験があるかと思います。

この方法は有効で、実際のところ、こんなことでもしているかどうかで変わってきます。
全くしていない人と比べたら『経験者』な訳ですから、
『毛布にキス』という練習をバカにする人もいますが、これは十分効果のある方法です。

ですのでキス経験がないのならばお勧めしますし、その時には好きな人を想像してみましょう。
そうすることでより緊張感を持てますので、キスの練習としての効果も高まります。


・キスの練習2
練習2は『映画を見る』です。これはあまりしている人がいないかもしれません。
ですが、実はとても重要です。

キスというのは『どうやったらいいか?』と考えることが重要な訳ではないのです。
また『毛布等への実戦練習』これも良いのですが、
何よりも重要なことは『キスという状況やタイミングが分かっていないと意味がない』ということ。

キスがどんなものかも分からずに毛布にキスしていても練習にはなりませんよね?
だからこそキスシーンを大量に見ることは重要で、これをしている人が最も綺麗なキスができます。

もちろん『映画のようなキスがしたい』とそれに捉われてしまうのは要注意です。
女性によくあることですが『恋愛やキスに理想を抱いてしまう』というもの。

映画の影響を受け過ぎて『恋愛とはこういうものだ』という固定観念を持っていると男は引きますので、
そうはならないように、あくまで『状況やタイミングの勉強』というつもりで映画を見るようにしましょう。


キスの練習は大きく分けて『毛布等への実戦練習』『映画による情報収集』です。
恋愛映画をたくさん見ている人はやはりキスが上手いです。そんな人になりましょう。

またキスをするのなら、当然口臭対策は必要です。
それができていないと元も子もないですからね。

基本的なことはきちんとした上で練習をしましょう。
最後に、キスは気持ちの問題ですから『成功させよう』とは考えないことです。

大きな失敗はありませんから、『キスしたいな』と思ったらする、
『キスされる』と感じたら受け入れる、純粋にこんな姿勢で臨みましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6