トップへ戻る

男性が子供を作っても良いと思う条件

男性が子供を作っても良いと思う条件

男性が子供を作っても良いと思う条件

近年の男性は『子供を持つことなど冗談じゃない』と思っているのです。
というのも『子供=責任』ですし、子供などできてしまったら自分のやりたいことができませんから、
そんなことのために自分の人生を棒に振りたくないと誰だって考えるでしょう。

ですので女性は『そんな男性の心理』というのを理解して『男性は基本的に子供など欲しがらない』
ということを受け入れましょう。

ですが男性としても『100%いらない』という訳ではないのです。すべては条件次第となっています。
というのも男性が子供を欲しがらない理由は、上述した通り『責任と自分の時間が無くなるから』であり、
『子供が憎いから』ではありません。

スポンサーリンク


従って責任や自分の時間といった問題が解決されれば、『OKする可能性もある』となりますので、
欲しいという女性はその方向で考えてみましょう。

最終的には『法律を改正する』これしかないと考えられます。
法律が変わり、『男性には一切の責任はない』『扶養義務はない』『養育費等を請求されることもない』となったのなら、
現在のような少子化が解消されるかもしれません(2014年現在)


しかしこれは個人がどうこうできる問題ではありませんから、現状では仕方のないことなのです。
ですが『個人的にそういう契約をする』ということは不可能ではないはずです。

もちろん養育費のように『子供が請求する権利』というものもあるため完璧にはいきませんが、
それでも『父親の存在を明かさない』『母親側に問題が生じても、一切面倒を見ない』
などの契約をした上で女性に協力をするという形ならば、手伝ってもいいという男性も出てくるでしょう。

要するに男性は『手伝うことには前向き』なんです。
ですが現状では『その後が面倒くさいからこそしたくない』となっています。

従って、『男性には一切の迷惑をかけない』という契約を弁護士に依頼し、
それが通ったら行為に及ぶなどならば男性も協力してくれますので、
子供が欲しいという女性はそんな方法を選択してみましょう。


男性は基本的に子供などいりません。
少なくとも現在の法律では『子供を作ることにメリットなどない』と感じている男性が多いですから、
作るはずがないのです。

しかしながら女性は子供を望むとなっていますし、さらには少子化です。
少子化というのは個人には関係のないことですが、『女性が望むのならば叶えてあげたい』という男性もいますので、
そんな時には『どんな条件ならば男性が受け入れるか』ということを考慮することが大切になります。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6