トップへ戻る

無職の女は恋愛の対象になる?

無職の女は恋愛の対象になる?

無職の女は恋愛の対象になる?

大人になってからの恋愛だと、男女どちらも仕事をしていることが条件ですよね。
さすがに出会った相手に対して『今は無職です』とは言いづらいでしょうし、
『働く気はありません』『結婚して奥さんになりたいです』はもっと言いづらいでしょう。

女性の場合、『結婚するまで働かなくてもいい』と考える人もいるかもしれません。
また一昔前ならばそれもアリでした。

ですが現在の場合、大人になったら働くことが女性でも一般的です。
実家暮らしかどうかは別として『働くことが大人』
『一定の年齢に達したのに仕事をしていない、これは問題である』
というのがこの時代の流れでしょう(2015年現在)

そのため基本的に無職では、恋愛対象にならないと考えた方がいいです。
男性も考え方がかなり変わり、従来までのように『家事をしてくれればいい』とは思わなくなっています。

スポンサーリンク


むしろ仕事にやりがいを持っていたり、
目標を持った人生であることを望んでいたり夫婦の形も変わりつつあります。

そのため、無職は論外と捉えられるのです。
また、『養うための交際や結婚ならしない』こんな男性も多いです。

これも一昔前とは変わったところであり、『俺が養ってやる』という時代から、
『一緒に家庭を築く』となったため、だからこそ養うための結婚ならばしないのです。

これには男女平等が深く関係していて、
女性が権利を主張するようになったからこそ男性もそれに応えたのです。

『男女が平等ならば養う必要はない。当然家事も分担』と考えるようになりましたから、
女性も仕事をしていることが当たり前になります。


・これからの理想の女とは?
ではこれからの時代、どんな女になることが理想なのか?
今までは『家事ができる家庭的な女』でしたよね。

しかしこれは過去の話。これからは『仕事ができて一人でも生きていける女』こんな女性になるべきです。
『それならば結婚する必要ないじゃん』と思った女性もいるかもしれません。

しかしそう感じた人は、そもそもズレている可能性があります。
というのも、『男が養う』という考え方はすでに崩壊しています。

そうなれば、男女どちらも独りで生きることは当たり前なのです。
それでも結婚するのは『単純に一緒にいたいから』
『一緒にいることでメリットがあるから』に他ならないでしょう。

完全に自立した二人の大人が必要とし合う、それは養う云々のことではなく、気持ちの問題であるはず。
ですので今後は、まず自立した女性になりましょう。

『一人でも生きていける』これがとても重要な要素で、
『いい人がいたら結婚してもいいかな』と思えるゆとりがとても大切です。

『結婚して誰かに支えてもらわないと生きていけない』これは間違った考え方ですから、
しっかり仕事をして、自立した人生を送りましょう。


無職では、何を言っても人間としての説得力に欠けます。
『結局は働いていない』これが答えになってしまいますからそこは頑張って職を見つけましょう。

また、仕事をしていなかったら見下されてしまうのも仕方のないことです。
真面目に働いている人間からすれば、働く意思がない人はウザいだけです。
そういう人が何を言ってもいい訳にしか聞こえませんから、そうはならないように努力しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6