トップへ戻る

コンプレックスに対する考え方

コンプレックスに対する考え方

コンプレックスに対する考え方

コンプレックスがあるから積極的になれない、こんな人も多いでしょう。
どんな人もコンプレックスはあると言われています。

ですが重要なのは『それを気にするかどうか』です。
本当はかなり気になっているのに気にしないようにしている、こんな人もいます。

このような人は毎日を楽しく過ごすことができたり幸せになれています。
一方で『コンプレックスがあるから楽しめない』と考えている人は当然そうなってしまうのです。

ですので、コンプレックスに対しては気にしないという選択をしてみましょう。
女性ならば『胸が小さい』『背が高い』『太っている』『顔がおかしい』といったように様々あるでしょうが、
それらを気にしない方が確実に人生は楽しめます。コンプレックスは考え方次第ですから乗り越えてみましょう。

スポンサーリンク


・悪循環は避けるべき
ただし、コンプレックスがある人が陥りやすい悪循環があります。
それが『そのコンプレックスが人を不快にするものだ』ということ。

この場合は気にしない訳にもいきませんから考えましょう。
例えば体臭がきつい人ならば改善するように努力するべきです。

『体臭がコンプレックスだ』と感じながらも消極的になるだけだったら意味がないでしょう。
しかも、周りはその体臭のせいでかなり不快になります。
そうなれば『私は気にしないから』といっても嫌われてしまいますので、それは改善した方がいい訳です。

従って、太っている場合はダイエットした方がいいです。
デブの女性には、自分が周りを不快にさせているという自覚がありません。

ですが、デブの女というのは概して男性を不快にさせています。
というのも男性は『女=美しい』これを基本としています。

最低でもスタイルは良くないと我慢できませんから、
デブの女が近くにいるだけで生理的に受け付けないのが男性なのです。

例えば、『職場にデブがいる』これだけでNGな男性は多いです。
その証拠に、体型が原因で誰にも相手にされなかったり、仕事の連絡もメールで来ることもあるのでは?
要するに、外見的に不快だから関わりたくないのです。

『話せば伝わる距離にいながら業務連絡がメールで来る』こういうことがあると
『避けられている』『省かれている』『自分だけいじめられている』と捉える人も多いはず。

ですが、原因は自分にある場合が多いです。
避ける人としても不快だから関わりたくないのであって、
『どうすれば関わらないで用事を済ませられるか』と考えた結果がメールです。

従って、嫌がらせではなく自己防衛という訳です。
あなただって、生理的に受け付けない男性がいたら直接伝えるよりもメールがいいと考えるでしょう。

『できるだけ関わりたくない心理』これを理解しましょう。
女性は体型に問題があるとその対象になりやすいですから、そんなコンプレックスは解消しましょう。


・不は見せないべき
上記にプラスして『不は見せない』ということがあります。
『デブは周りを不快にする』からも分かるように、マイナス要素というのは見せない方がいい訳です。

デブという視覚的に強烈な要素があるからこそ嫌われる訳で、
同様にマイナス思考だと嫌われる原因となります。

例えば、関わりたくない人の特徴として『暗い人』というのがあるはずです。
何を話しても暗い返答しか来ないため『この人とは関わりたくない』と思ってしまう人。

小中高時代、クラスに一人はいたのでは?
クラス全体で遊ぶ時でも呼ばれないタイプ、卒業式後の記念写真にも収まらないタイプ、
また、その写真に写っていなくても気づかれないタイプ、こんな暗い人って一人はいたでしょう。

不の要素とはそんな自分のことですから、それは見せないべきです。
『コンプレックスがある』これを露呈してしまうとそうなり兼ねないということ。

ですので、どうしようもなく気になるコンプレックスがあるとしても、
周りから嫌われたくなかったら明るく振る舞いましょう。

いつも悩んでいて発言が暗いと確実に邪魔扱いされますし、
かまってくれたり親身になって聞いてくれる人などいる訳がありませんから、理解することが自分のためです。


なぜコンプレックスは気にしてはならないのか?これが分かってきたのでは?
気にしているとウザいと思われるからで、結果的に自分のためにならないからです。

従って、気になるとしても一人で悩み、一人の時に思いっきり考え込みましょう。
人前で見せてしまったらその時点でお終いです。

人間関係は明るく楽しくが基本です。結局は表面上の付き合いだけですから、その場が楽しいことが第一です。
深く関わるよりもなんとかそこをやり過ごす、これが大切です。
そのためにもコンプレックスの存在など忘れて、悪い意味で目立たない人になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6