トップへ戻る

男に見られたい欲求は限定しないこと

男に見られたい欲求は限定しないこと

男に見られたい欲求は限定しないこと

『見られたい』『見せたい』女性にはこんな欲求がありますよね。
『綺麗な服を着たら見られたい』『露出したら視線を感じたい』といったように、
自分に自信がある時にはそれ相当の評価が欲しいと思うはずです。

これはもちろん女性に限ったことではなく、男性も同じように感じます。
ですが男女で違うところは、男性は、限定した相手に見られたい訳ではなく、
『より多くの女性に』と考える一方で、女性は『好きな人に』『気になる人』と考え、
その人達の反応のみを求めることが特徴ではないでしょうか?

スポンサーリンク


そのため、どんなに綺麗な服を着ていても、また魅力的に露出しても、
『どうでもいい男に見られたら不快』という女性も多いはずです。

たとえば通行人の男性に舐めるように見られたら、露骨に嫌な顔をするなど、こんな女性もいるでしょう。
本来ならば嬉しいはずの『見られる』ということも、相手次第で変わってしまうのが女性のはずです。

その点男性は『通行人の女性が舐めるように見てくる』となっても気にすることはありません。
むしろ『それだけ自分が評価されている』『俺はイケメンってことだ』と自信を持てるのです。

これは相手がおばさんでも、さらにはお婆さんでも同じことですし、
また男から『アイツ格好良いな』と言われても嫌な気はしないのが男性ですし、
本来ならば、女性もこのくらいになった方がいいので考えてみましょう。

というのも、『好きな人にだけ見られたい』という考え方、現実的にこれは無理でしょう。
男性にとって女性とは『獲物』のようなものですから、そのように考えれば見ないはずがありません。

男は女性を見て『アリかナシかを決める』という習性があります。
従って見られたからといって、全てが良く判断されているとは限りませんが、
少なくとも見られないことよりかはマシなんです。

全く見られない場合『女と思われていない』『魅力がない』ということですからそれは問題でしょう。
どんなに綺麗にしても、男からの視線を全く感じなかったらそれでは意味がないでしょうから、
『見られる』ということに対する考え方を改めた方がいいかもしれません。


そもそも女性が『好きな人にだけ見られたい』『あなたには見られたくない』と言うこと、
これを男性は良く思いません。

『ならば露出などするな』と感じる男性も多く、
そういう格好をしているのならば下心を持たれるのは当たり前と考えるべきです。

こういうことを言うと女性は『なんで?』となるでしょう。ですが、それが男というものです。
女性がその気のない男にも奢ってもらうように、男も気持ちに関係なく体を欲しがります。
そのために見ているということもありますので、『男性とはこんなものだ』と理解してしまった方が良さそうです。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6