トップへ戻る

遊ばれたという考え方は間違い

遊ばれたという考え方は間違い

遊ばれたという考え方は間違い

交際したはずがすぐに捨てられると『遊ばれた』と訴える女性がいますよね。
中には『私は遊ばれたわ!』と友人・知人に言いふらす女性もいますが、
これをしてしまうのは見っとも無いですし、そもそも『遊ばれた』という考え方は間違いですから注意しましょう。

というのも男性は『遊び目的』だったわけではなく『単純に女に魅力がなかった』ということです。
冷静に考えてみましょう。その女性が魅力的ならば、『短期間で捨てられる』ということはあり得ない訳ですよね。

『魅力的な女性とは一緒にいたい』これが男の本能ですから、この考え方に従えば『女が悪い』となります。
従ってこのような状況では『遊ばれた』と捉えることは間違いで
『自分に魅力がなかったことが原因だ』と考えるべきなんです。

スポンサーリンク


そうやって考えれば次に生かすことができますので、
例えば男性に『どこがダメだった?』『どこを改善すればよかったと思う?』と聞いてみるなど、
既に終わったという前提で確認してみましょう。

『いい女になろうとすること』これはとても重要です。
またこの考え方を持っているかどうかで女性は全然変わります。

遊ばれたと喚いたところで何かが変わる訳ではありませんし、
男性を悪者にしたところで自分がいい女になれる訳ではありません。

従って、こういうことがあっても男性を陥れようとは思わないことです。
『やり返さないと気が済まない』こんなことを考えている時点でダメな女ですから、
そこに使う労力を自分のために使うようにして、今以上に劣ってしまわないように、自分を磨くようにしましょう。


女性は、失恋によって綺麗になれるタイプとそうではないタイプとに分かれますが、
今回の例は『ブスになるタイプ』です。

憤慨し、『絶対に許さない』となる訳ですから、そうなればブスになってしまうことも仕方がありません。
どんな時でも笑顔で切り抜けるのがいい女というものです。

またそうすることで『短期間で捨てられる』ということもなくなってきます。
全ては自分が悪いのですから、そうならないように考えてみましょう。

努力できる女性だけがモテるようになっていますので、それを忘れないことです。
むしろ『男は短期間で乗り換えるもの』と考えられるようになったら強いので、そんな女になることも大切です。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6