トップへ戻る

過去に拘る女は見っとも無い

過去に拘る女は見っとも無い

過去に拘る女は見っとも無い

過去に拘ってしまう女は見っとも無いですが、特にダメなのが『特定の男性に執着する女』となります。
『何年も前に自分を振った男』こういう男のことが忘れらなかったり、
または許せないとなり、チャンスを窺って『数年後に男性の前に現れる』とするような女性もいますが、
こういう女性は痛いだけの女ですから考えるようにしましょう。

『自分の中では大恋愛だったが振られてしまった』こうなると、その男性のことが忘れられないこともあるでしょう。
またこの場合、恋愛感情として残っているのではなく『やり返したい』という気持ちの方が強いはずです。

つまり『自分を振った』ということが許せない訳で、
どうしてそうなってしまうのかといえば『その時の自分が思いっきり頑張っていたから』です。

スポンサーリンク


『あれだけ頑張ったのにいとも簡単に私を捨てた』これが許せない訳で、
相手にしっかりやり返し、さらには『勿体無かった』と思わせないと気が晴れることはないのでしょう。

ですが、女性がどれだけ頑張っても男性がそう思うことはありません。
というのも、そもそもなぜ振ったのかを考えるべきです。

振るということは『それだけ嫌いになる要素があった』ということです。
要するに『相手もそれだけ我慢していた』ということが考えられ、我慢を重ねた結果嫌いになったのです。

もちろん『私は嫌なことがあっても頑張った』と思うかもしれませんし、
屈辱的なことがあっても好きだから耐えたともなるでしょう。

ですが、だからといって相手にとってはどうでもいいことで、
むしろ今さら何をしても単純に迷惑なだけですから、気味の悪い勘違い女にはならないように注意しましょう。

『元カレの前に現れて、ニヤニヤと見つめる』こんな女性もいますが、こういうことをしても何の効果もありません。
それよりも、自分がストーカーとして訴えられないように考えることです。

既に何年も経っているのならば、男性としてもどうでもいいと思っていますから、
『警察に突き出そう』と簡単に結論を出します。
はっきり言って迷惑なだけの存在に時間などかけませんので、そういうことを理解した上で行動することが大切です。


『元カレの前に現れる』これをしてしまう時点でNGです。
別れたのならば『意地でも会わない』くらいの気持ちが大切で、
最も良い方法は『今は幸せらしい』という噂を流すことです。

直接やり返した場合、『上手くいっていないんだな』と誰でも分かってしまいます。
女性の中には『今この人と付き合っているんだ』と言わんばかりに新しい彼氏を見せつけに来る人もいますが、
それも痛い女のすることです。

本当に幸せならばそんなことしないでしょうし、元カレのことなど頭に浮かばないでしょう。
考えてしまう時点で負けです。

だからこそ『幸せらしい』という噂が流れることが理想なんです。
過去の人間など眼中にない女になって、勝ち組になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6