トップへ戻る

子供はいらない男性心理

子供はいらない男性心理

子供はいらない男性心理

『子供はいらない』こんな男性が増えていますが、これはどんな考え方からなのか?
現在の場合、女性でも子供はいらないとする人が多いですが、
それでも女性の場合『将来的には子供が欲しい』とする人が多いですし、
『結婚して子供を持つことが夢』という人も未だたくさんいますから、
男性が『子供はいらない』と考えてしまうことは脅威でもあるでしょう(2014年現在)

男性は『結婚して家庭を持つことよりも、独身で自由に暮らした方が楽しい』これに気付いてしまったのです。
従来までならば、『それなりの年齢になったら結婚するもの』こんな暗黙のルールがありましたから、
誰でも結婚することが当たり前と思っていましたし、
『結婚していないことはおかしい』という認識さえあったでしょう。

スポンサーリンク


ですが現在の場合、独身でも全然おかしくなどありませんし、
むしろ、『既婚か独身かが問題なのではなく、楽しんでいるかどうかが重要』こんな時代に変わりつつあるため、
そうなれば男性は、『結婚して子供を作る』これよりも、独身であり、時間も金も自由に使える生活を選ぶわけです。

実際に、『独身者を羨む既婚者』これはたくさんいますが、『既婚を羨む独身』これは滅多にいません。
結婚したくてどうしようもないという人ならば、既婚者を羨むこともあるでしょうが、そういう男性もまた少ないため、
むしろ近年では『早くに結婚したら可哀相』『大変そうだ』という考え方の方が強いのです。

結婚した場合、『やりたいことができない』『時間も金も自由に使えない』となりますし、
そういう愚痴をこぼす既婚男性はたくさんいます。

同世代の独身男性が楽しく生活しているのを見て嫉妬し、敢えて結婚を進める既婚者もいれば、
『結婚していないことをバカにする』こんな男もいるのです。

ですが独身男性にとっては、それらがすべて負け犬の遠吠えに聞こえるのです。
『自分が上手くいっていないからこそ人につっかかる』こんなものですから、
結局のところ、独身の男性にとって既婚男性とは眼中にない存在であり、
また結婚など興味の持てないことですので、それは理解しましょう。


結婚にさえ興味を持てないのですから、そうなれば、それ以上に時間も金もかかる子供なんて、
論外に決まっています。

子供というのは時間や金だけではなく、責任も圧し掛かるのです。
そうなれば、『自分の人生を生きる』ということができなくなってしまうでしょう。

『子供の成長が楽しみ』こんな人もいますが、
男性の場合、何歳になっても『まだまだ自分が楽しみたい』『やりたいことがある』となりますので、
多くの男性は子供よりも自分です。

その証拠に『子供が何歳になったら○○を始める』という人が多いでしょう。つまり、我慢しているんです。
大きくなるまではできないからこそ我慢している訳ですが、
近年の男性はその我慢などする価値がないと考えています。

『どうして子供のために自分の人生を我慢するのか』こんな疑問があるため、だからこそ子供はいらないのです。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6