トップへ戻る

なにかあった時に守ってもらえない女とは

なにかあった時に守ってもらえない女とは

なにかあった時に守ってもらえない女とは

女性は『男というのは女になにかがあった時、関係性に関わらずとっさに体が動いて守るもの』くらいに思っているのではないでしょうか?
『女性が一人で歩いている時にヤバい男に襲われたら、近くにいる男性が助けてくれる』
『職場の同僚と一緒にいる時に危険なことがあったら、その同僚は身を盾にして私を守ってくれる』こんな風に思っているのでは?

ですがこれは女性の理想論に過ぎません。現実は『どうでもいい女など当然守らない』というものです。
女性が襲われた時に、近くに男性がいるのに助けないと、その男性がなぜか非難されることがありますよね。

ですが普通に考えれば、『守る・助けるということはリスクがある』となりますから、どうでもいい相手ならばもちろん、
友人知人でも、『自分にとって特別大切な存在』『守ったり助ける価値がある存在』これでなければ守ることはありませんので、
女性もこの考え方を理解しておきましょう。

スポンサーリンク


こういうのって、『男が女を守る』という状況だからこそ、『守らなかった』『助けなかった』と男性が非難されますが、
男女が逆だったらどうでしょうか?

というのも現在は男女平等です。従って、あらゆる部分で男女の差などないのです。
そうやって考えれば、『男性が危険な状態の時に、女性は自分の身を盾にして知らない男を助けるか』これがテーマになるはずです。

普通の女性ならば、我を忘れて男性を助ける、こんなことはしませんよね。
むしろ見なかったことにしてその場を立ち去るのではないでしょうか?

男性だって考えることは同じです。
ですので、『男なのに助けなかった』これはおかしな考え方ですから、正しい考え方を身に付けることが大切です。

また、何かあった時に助けてもらえる女とは、しっかりお礼ができる女性です。
お礼というのはもちろん体であり、男性は『助ければ肉体関係が持てる』これが分って始めて動き出します。

従って、男友達や知人には、あらかじめそれを伝えておくことが大切ですから、『私はお礼できる女』ということをアピールして、
なにかの時には助けてもらいましょう。


男性が助けなくなった背景には『助けても礼も言わない女が多い』これが原因なんです。
一昔前ならば『男が女を助ける』これは当たり前だったでしょう。またその頃の男性は、助けることが当たり前だと思っていました。

ですが現在では『危険を冒してまで助けても、感謝もされないんだな』ということを学びだしたのです。
女性がそこまで上からになってしまったのならば男性も姿勢を変えざるを得ません。
これは女性が招いたことですから、だからこそ『私は違う』ということを日頃から伝えるようにして、男性が望む形でお礼するようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6