トップへ戻る

この時代に適した別れ方

この時代に適した別れ方

この時代に適した別れ方

現代は『簡単に別れることができず、少しでもこじれれば相手がストーカーになる』という時代ですよね(2014年現在)。
もちろんストーカー問題は、男性も女性も被害に遭いますから、
『自分は男だから大丈夫』『私の彼氏は大丈夫だろう』などのように考えることは浅はかです。

交際中がどれだけ良くても、別れるとなったらどう変わるかなど分からないのが人間ですから、
別れる際には『二度と会わない』『関わらない』という覚悟が必要です。

もちろん健全な別れ方をして、その後も友達でいられるような関係ならば問題はありませんが、
そうではなく付きまといに発展するような相手の場合には、それなりの対処が必要になります。

このような時代では『計画的に別れる』これが求められています。
喧嘩別れや一時的な感情によって分かれてしまうのではなく、しっかり計画をして、
別れ話を出したら相手がどうなるかということも十分に考えた上で別れること、これが重要です。

スポンサーリンク


そうしないと大きな問題に発展しますし、取り返しがつかないことにもなり兼ねません。
例えば感情的に別れた場合には、『相手と旅行の約束があった』『相手の家に物を置いてある』などのように、
別れた後も会う必要性が出てきてしまいますよね。

そうなると面倒なことになりますから、『別れたい』と思った時には、まずは整理をするのです。
例えば旅行の約束があるのなら、仕事でも何でもいいのでキャンセルしてしまうこと、また家に物を置いているのなら、
何か理由を作って回収すること、このように、いつ別れても、二度と会わないで済む状況を作ってから別れ話を出すことで、
その後が全然変わってきます。

また、別れ話に関しても現在と昔とでは内容が変わります。一般的には『会って直接伝える』これが別れ話の基本とされているでしょう。
しかし現在のように個々のコミュニケーションが低下した時代では、
『会うとこじれてしまう』『自分の欲求をぶつけ合うばかりとなる』これが目に見えています。

従って、『メールで伝える』これが正解になります。
メールで別れ話をするとなると、一方的で問題になりそうな気もするでしょうが、『会わない』という効果は想像以上に大きいです。

またメールでも『相手に一度だけやり返させる』ということはできますから、
それをさせた上で『今後は連絡を取らない』『しつこいようなら通報する』という警告文を送り付けましょう。

そうすればストーカーに発展する可能性も大幅に防げますし、すでに警告文を送っている訳ですから相手も送り辛くなります。
このように現代では『いかに自分の身を守るか』これが別れのテーマに変わりつつありますので、
どうすれば相手が行動できないかを考えてみることが大切です。


しつこい人間やストーカーは、そもそも正常ではありませんから、常識的な対応では自分がやられます。
『嫌っている』これを伝えることと、さらには警告が大切ですので理解しておきましょう。
無視をしたところで相手が収まることはありません。完璧な計画を立てて、しっかり別れられるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6