トップへ戻る

喧嘩別れも一つの選択

喧嘩別れも一つの選択

喧嘩別れも一つの選択

別れる時って、綺麗な別れ方だと『どちらかが悪い』となり、一方が誤って解決ということが殆どですよね。
その場合には『別れた後も友達』となれたり、『数年後に再会したらまた友達になれる』ということも全然あるでしょう。

しかしこれが喧嘩別れだった場合、『もう二度と会わない』となることが一般的ですよね。
人によっては『あの時はあんな別れ方だったから』と、時間が経ってから解決しようとする人もいますが、
喧嘩別れしたカップルって基本的には解決させる必要がないため、『そのまま疎遠になる』ということが殆どでしょう。

従って『喧嘩別れは良くない』とされることもありますが、実際のところこれは状況によるのです。
というのも、『自分は絶対に悪くない』『譲らない』とお互いに思っているのなら、喧嘩別れ以外あり得ないとなりますよね。

スポンサーリンク


そんな状態になっているのに円満に別れようなどと考えたのでは『余計に溝が深まる』となるでしょう。
どれだけ話し合ってもダメだからこそ反発している訳ですから、そうなったのならば喧嘩別れ以外ない訳です。
従ってそんな状態ならば『喧嘩別れも一つの選択』となります。

人によっては『喧嘩別れだけは良くない』とそれを避けようとしますが、譲れないのならば仕方がないのです。
むしろ、『自分が悪くもないのに折れるのか?』ということですから、
そんなことをするくらいならば喧嘩別れをして『一生険悪な関係』となった方が全然良いでしょう。

そうやって別れた場合、『数年後にどこかで会っても険悪』となる場合が殆どですが、それを受け入れることが大切です。
つまりは嫌いな相手ということですから、そんな相手に対し折れる必要などないのです。『徹底的に戦う』これが大切です。

『嫌いだ』という自分の気持ちに素直になって『許さない』という強い信念を持つことも重要ですから、
喧嘩別れをしたのなら、『相手が折れるまで許さない』というつもりで臨んで、絶対に負けないようにしましょう。


『交際は綺麗に終わることが大人』と捉える人もいるでしょうし、確かに『どんな恋愛でも綺麗に終わらせることができたら大人』となるでしょう。
しかし、何に対してでも大人である必要などないのです。

むしろ、自分を曲げてまで大人でいる必要などありませんから、悪や敵に対しては、立ち向かえるだけの強さを身に着けましょう。
『自分が折れること』これだは絶対にしてはなりません。

自分が折れたら負けですから、相手に嫌がらせをするなどして、徹底的に叩き潰して自分が勝者となること。
これを心掛けて、喧嘩相手に負けない強さを身に着けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6