トップへ戻る

過去に拘る女への男性の見解

過去に拘る女への男性の見解

過去に拘る女への男性の見解

『過去に拘る女』こんな女性もいますが、男性はこのような女性をどう思っているのか?
確実に言えることは『よくは思っていない』ということです。

というのも、『いちいち過去に拘られていたら面倒くさい』これが男性の見解なのです。
例えばデートをしていても『先に進もうとするたびに過去が…』となられたのでは、
そこで止まってしまいますから男性にとってはストレスになるでしょう。

男性としても『デキるだけ早く肉体関係を持ちたい』ということがありますから、『慎重過ぎる女』というのはNGであり、
『過去の男は過去の男。現在の男はまた違う男』と捉えるようにしてくれないと、男性としてもやりづらいのです。

スポンサーリンク


とはいえ女性も『また同じような形で傷付きたくない』と思うからこそ慎重になるのでしょう。
特に前回の恋愛が『大きく傷ついた』『裏切られた』という形だったのならば、簡単には立ち直れないのではないでしょうか?

放置しておけば何年も塞ぎ込んでしまいますし、また引きこもりがちになってしまったのならば、
精神状態が悪い方向に向かう事も全然あります。だからこそ『つぎの恋愛では失敗したくない』と考えることは普通です。

しかし、『人間は一人一人違う』ということがあります。
例えば、『元カレは裏切り者で、そのせいで傷付いた』ということがあっても、『つぎの相手が元カレと同じ人間とは限らない』となるでしょう。

まして、『元カレと同じ人種である確率の方が低い』と考えるべきですから、
その、たった一人の元彼の影響で人生を諦めてしまうことの方が全然もったいないことなのです。

『止まること』これが何よりもNGなことです。人が信用できなくなるということもありますが、人間は個人個人で違いますから、
『この人間は信用できるか』ということをしっかり見抜くようにして、信用できると思えたのならば過去に捉われたりなどはしないで、
前に進むことが大切になります。


『過去のせいで何年も犠牲にしてしまう』こういう人も多いですが、これはもったいないです。
その過去って、たいていが『たった一人のせい』ですよね。しかもその一人は、自分が苦しんでいても楽しい人生を送っているのです。

そう考えたら、『自分が楽しまないことは負け』ではないでしょうか?
どんな状況でも『楽しくない時がある』というのはダメですから、苦しい時こそ楽しもうとすることが大切です。
毎日を笑って過ごせるように、辛い過去があるのならば楽しい過去で塗り替えるようにして、不要な記憶は忘れてしまいましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6