トップへ戻る

体目当てなど存在しない

体目当てなど存在しない

体目当てなど存在しない

女性は『体目当てにされた』と吠えることがありますが、実際のところ『体目当て』ということなどないのです。
これって単純に女性が子供なだけで、男性としては『関係を持ってみたけど合わなかったからやめた』というだけのことなんです。

また、大人の女性ならば普通に理解できることです。
従って、『あの男に体目当てにされた』なんて吠えたら見っとも無いですし、
そんなことを言ったら『私はガキだ』と周囲に露見するようなものですから、それは止めましょう。

『肉体関係を持ったが交際には発展しなかった』こういう時は『彼とは合わなかった』と処理すればいいのです。
しかし、その男性のことが好きになっていた場合、感情で処理してしまうため、『体目当てにされた』と男性のせいにしますよね。

スポンサーリンク


ところがこれは、冷静に考えれば別に男性が悪いことではないのです。
というのも、男性も『この女性が必要だ』と思ったのならば去ることはありませんから、女性が『体目当てにされた』と感じることもないのです。

女性の中には『必要かどうかは関係を持つ前に判断すべき』と捉える人もいますが、その発想がガキなんです。
男女関係のスタートって『肉体関係を持ってから』ですから、それをしなければ合うかどうかなど分かるはずがありません。

それを理解できるのが大人の女であり、理解できないようならば完全に子供です。
ですので女性も、『肉体関係を持ったくらいで好きにならないこと』これが重要となります。

肉体関係というのは『相性が合うかどうかを確かめるもの』であって、『好きになっていいかどうかを判断するもの』ではありません。
好きになるかどうかは、実際に会話をしたりしながらですから、関係を持ってから、そこから先の段階でのことです。
ですので、それを十分に理解して、男性が去ったからと言って『体目当てにされた』などと吠えないようにしましょう。


男性からすれば、『体目当てにされた』と憤慨している女性って滑稽に見えるのです。
『自分が勝手に盛り上がっていただけだろ』となりますから、そう言う女って痛いだけですし、『レベルが低い』とも感じます。

ガキみたいな女では真面に相手にされることはありませんし、いつまで経っても『体目当て』にされるだけとなります。
真剣に交際がしたいと思うのならば、肉体関係はお互いにとっての味見だと理解しましょう。
それによって『イケる』と思ったら購入があるのが味見ですから、男性にとって美味しい存在になって、先のある女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6