トップへ戻る

恋人の外見には妥協しないこと

恋人の外見には妥協しないこと

恋人の外見には妥協しないこと

『恋人の外見には妥協しない』これは大切です。
『外見は関係ない』という人もいますが、結局のところ外見って重要で、始めから終わりまで、
最後の最後まで気になってしまうのが外見なのです。

また、『相手の外見を妥協して付き合う』これをしてしまうと上からになってしまいがちなのです。
例えば、『猛アピールされたため外見は妥協して付き合った』となった場合、
『私はあなたの外見は好みではないが、あなたが積極的だったから付き合ってあげている』となりがちですよね。

スポンサーリンク


しかし男性としては『交際が成立した時点で立場は平等』と考えるため、
『付き合ってあげている』などと思われたら不愉快ですし、そこまでして交際したいとは思わないのです。

このように、『妥協して付き合う』って良くないため、少しでも不安や疑問があるのならば止めておいた方がいいです。
真剣交際をするのなら『100点の相手』これを求めることが鉄則です。

よく『完璧な相手を求めていたら恋愛などできない』と言いますが、それは『真剣交際以外』も含めた場合です。
真剣交際以外、つまりは遊びの関係も恋愛として捉えるのならば、確かに100点のみを相手にしていたらできなくなります。

その様な場合には、『来る者拒まず』や『60点以上には積極的に』とならないと、チャンスなどどんどん消えていってしまうでしょう。
ですが、『真剣交際一本』というのなら、100点のみを狙えばいいのです。そもそも真剣交際って『結婚を考えた交際』ですよね。

その交際をするのに妥協や疑問、不安点があるってどうなんでしょう?
そんな交際ならば『この人ならば一切の問題はない』と素直に思えることが大切ですから、
会った瞬間からこの人だと思えるような異性に巡り合った時にだけ、真剣交際をするようにしましょう。


男女関係って真剣交際だけではありませんから、『肉体関係のみ』『体だけの関係』といった遊びの仲にも慣れておくが大切です。
『真剣交際の相手を求めてずっと恋人を作らず…』という状態でいると、気が付いたらすっかり年を取っていたということも全然あります。

そうなってしまったら、恋愛などできませんよね。
そもそもそこまで年ではなくても、『30歳前後になった時』これが真剣交際できるかどうかの最後のチャンスだと思った方がいいです。

この年齢になってもチャンスが全然ないというのなら、『女としての魅力に欠けているから』これが原因だと思うべきです。
このような女性は男性を知るようにして、自分の魅力を高めていくことが重要です。

『男を知っているかどうか』これは女性の魅力に大きく影響しますから、
何歳になっても少女のような顔をしていないで済むように、年相応の経験を積みましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6