トップへ戻る

好きな気持ちに憑りつかれないこと

好きな気持ちに憑りつかれないこと

好きな気持ちに憑りつかれないこと

恋愛をする際には『好きだ』という気持ちに憑りつかれないこと、これが大切になります。
『感情と現実は違う』これを理解できるかどうかが恋愛では重要となるのですが、
これは例えば『ブスと付き合ってしまう男性心理』と同じようなものです。

男性って基本的には『美人が好き』ですから、ブスと付き合うって本来ありえない訳です。
にも関わらずブスと付き合うことには『理性では解決できない理由』があり、それが感情になります。

例えば、『自分の好みは外見が美しい女性だ』と理性では分かっているのに、
ブスと話しているうちに気持ちが動いてしまうこともなくはないのです。

スポンサーリンク


こうなってしまうと男性は、『俺はブスなんかは好みではないのに、気持ちだけが先に進んでしまう』となってしまい、
結果的には本意ではないのに付き合ってしまうとなる訳です。

これが『好きな気持ちに捉われる』ということであり『感情と現実は違う』ということの証です。
『美人と付き合いたい』という現実的な考え方に反して、『選んだのはブスな女性だった』という感情的な部分。

これって、『美しい物語』であるかのように捉えられることもありますが、実はものすごく恐ろしい悲劇的な過ちの悲話に過ぎませんから、
『好きだから』だけに捉われないようにしましょう。

恋愛をする上で大切なことは『自分の好みを明確にすること』と『その好みに忠実になること』です。
これさえ守っていれば『気持ちに憑りつかれてしまう』ということなどありませんし、
『タイプではないが気が合う』という異性が現れた時にも冷静に対処することができるはずです。

『顔がタイプじゃない』と感じながらも気持ちが動いてしまうことって自分が苦しいですよね。
その原因こそが『信念を貫けていないから』というものですから、『自分はこんな異性が好みなんだ』というものを作った際には、
それのみに従うようにして前進するようにしましょう。


交際の基準に対する考え方って難しいところですが、妥協はしない方がいいです。
妥協や疑問を抱えながら付き合ってしまうと、それは最後の最後まで自分に圧し掛かりますし、
『結婚するべきか』となった時には大きな障害となります。

交際だけならばまだいいですが、『一生を共にする選択が必要』こうなった時に『実は妥協して付き合った相手』となったのでは、
決心することなどできないでしょう。

相手のどこかに疑問があるのなら、それは付き合うのではなく肉体関係だけに止めるようにしましょう。
それだけにしておけば、お互いに傷付かないで済むのですから、『時間の無駄をしてしまった』とならないためにも、
自分に正直に生きましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6