トップへ戻る

ホワイトデーに対する男性心理

ホワイトデーに対する男性心理

ホワイトデーに対する男性心理

男性はホワイトデーをどう思っているのか?女性の場合、『バレンタインデーは楽しみ』と捉える人も多いですよね。
女性の場合、『好きな人に気持ちを伝える』というだけではなく、『純粋にイベントの日』として楽しむ傾向がありますし、
さらには『ホワイトデーのお返しを期待して渡す』という人も多いのではないでしょうか?

近年では『3倍返し』とはいかないまでも、『女性よりかは高価なものを』と考えるのが男性ですから、
結果的には『配った分だけ得をする』ということになるのです。

もちろん、義理には返さないという男性もいるため、全てにおいて上手くいくという訳ではありませんが、
それでも、『様々な思惑を込めて渡す』それがバレンタインでしょう。

スポンサーリンク


一方男性は、『ホワイトデーは面倒くさい』こう思っていることが多いのです。
男性って女性ほどイベントが得意ではありませんから、ホワイトデーに関しても、『楽しみ』ということは全くありませんし、
どちらかというと『貰ったから返さないと』となるだけなのです。

またホワイトデーって『好きな女子に渡す』という日ではなく、『くれた人に返す日』ですよね。
それが一層男性の面倒くさいを加速させる訳で、だからこそ『返さない』という男性もいるのです。

男性としても、彼女に対してならば全然面倒くさいとは思わないものです。
相手もそれなりの物をくれて、楽しいバレンタインを過ごしたのならば、『ホワイトデーもそういう日にしたい』と考えますから、
大切な相手に対してならば全然億劫にはなりません。

ですが、『義理に対してはそれなりになる』が男性の心理ですから、
義理を配った女性はあまり気にしないようにすることと、『お返しなどなくて当然』くらいに思っていた方がいいかもしれません。


男性の立場で考えれば、『毎年義理チョコに返していたらきりがない』となるのです。
義理チョコって、環境にもよりますが、本当に『毎年』ですよね。

もちろん貰えることはありがたいのですが、男性によっては『義理ならば要らない』とも思っています。
例えば、『職場で大量に配る女子社員の集団』このような女性達に対しては、『面倒くさいな』と感じている男性も多いですし、
実際に返さない男性もいるでしょう。

女性としても『あげたくてあげている訳ではない』という現状もあるのでしょうが、
男性も『貰っても嬉しくないこともある』というのがバレンタインですから、
そんな男性の気持ちも理解して、お返しがなくても気にしないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6