トップへ戻る

ブスがモテるためには

ブスがモテるためには

ブスがモテるためには

『ブスの女性』このような女性は、幼少期からモテずに苦労してきたことでしょう。
女性の場合特に『可愛い子がモテる』『ブスはモテない』これは幼い頃から顕著となりますから、
ブスな女性としては『何で私はモテないの』と悔しい思いばかりをしてきたのではないでしょうか?

それでも、20歳代にもなってしまえば、『もうどうでもよくなった』と感じることも多いでしょう。
つまりは『諦めた』ということ。中学高校くらいまでは『モテたくて仕方がない』と思っていたでしょうが、
それを過ぎると『私はどうせモテない』と思うようになり、『努力するだけ無駄』とも考えるようになるはず。
確かに女性の場合『美人には絶対に勝てない』ということがありますから、そういう意味では諦めが付くのも早くなるでしょう。

スポンサーリンク


ですが、ブスの女性がモテるのって、実は大人になってからなのです。
もちろん努力しなければモテることはありませんが、大人になってからならば十分モテる可能性はありますから、
希望を捨てないことが大切です。

ブスの女性の場合、学生時代には絶対にモテないということがあります。
その理由としては『学生時代の場合、男性は100%外見で選ぶから』という前提があるからです。

学生ならば、『外見か性格か』とこの二択になりますが、二択であっても、その中にブスって含まれていないのです。
つまり男性は『ある程度綺麗な子の中で、外見か性格かの二択をする』となります。
女性だって男性を選ぶ際に、わざわざブサイクを候補に入れないでしょう。

『許容範囲』というのがありますから、学生においては、ブスはその範囲内に入っていないため、だからこそモテないのです。
ですが大人になってからならば、『外見・性格』以外に『経済力』という魅力がプラスされます。

経済力というと男性特有の魅力と思われがちですが、男性も女性に経済力を求めますし、
『金がある女』というのは無条件に魅力的であるため、ブスな女性はそこを目指すべきなのです。

『外見では勝負できない』『なにもなければ性格など見てもらえない』こうなれば、経済力をつけるしかないでしょう。
『金があって初めて相手にしてもらえる』これがブスの現状であり、
『大人になってからならば、ブスでもモテる可能性がある』ということの理由です。

ですので、『人生のどこかでモテたい』と思うのならば、とにかく金を稼ぐようにして『なにもないブス』にはならないようにしましょう。


これって単純なことで、『権力があるブサイク』と『なにもないブサイク』とでは全く見え方が違うはず。
特に男性の場合、権力があれば外見って気にならないところがあるのでは。

『女性が権力に魅かれるから』ということは確かにありますが、男性も経済力には魅かれますから、ブスでも金さえあれば別人に見えます。
ブスに残された最後の手段が金を稼ぐですから、つまらない人生にならないためにも、どこかで努力してみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6