トップへ戻る

真剣交際に拘る必要はない

真剣交際に拘る必要はない

真剣交際に拘る必要はない

『恋愛=真剣交際』このように捉えている女性も多いのではないでしょうか?
むしろ女性の場合『私を大事にしてくれる男性と関わりたい』こう考えるため、
基本的には『真剣交際じゃないと意味がない』と捉えたりもしますよね。

そのため、自分がどれだけ苦しくても真剣交際だけを求めたり、少しでも愛されていないと感じたら強烈に相手に求めたりと、
とにかく愛情の有無を確認してしまうでしょう。ですが、男女関係って、『必ずしも真剣交際がベストとは限らない』こんなことが言えるのです。

というのも、恋愛の形って色々あって、『なにが正解』なんて分からないものですよね。
例えば『友達のような関係』これを求める人もいれば、『体だけの関係という距離が理想』とする人もいるでしょう。

スポンサーリンク


つまり、人によって何が合っているかなんて分からないのです。これって『人を好きになるタイミング』から考えても同じようなことが言えます。
好きになるタイミングも人それぞれで、『会話をして相手を知る中で好きになっていく』という人もいれば、
『外見だけで好きになる』という人もいるでしょう。

このように、男女関係って人の数だけ可能性や方法がありますから、『こうじゃないといけない』こんな風に思う必要なんてありませんから、
交際をして苦しんだり悩んだりするくらいならば、『自分が苦しまなくて良い楽な恋愛をすること』これが賢いという捉え方もありますので、
自分に適した恋愛を選んでみましょう。

例えば『いつも自分が好きになって交際をスタートさせ、好きだからゆえに苦しむことが多い』こんな人もいるはず。
つまり、追いかける恋愛ですね。


こういう人って『好きにならないと私は無理』と思っていたり、自分はそういうタイプと考えていたりもするのでしょうが、
『ほかを試してみないことには分からない』これが本当の答えなのではないでしょうか?

例えば、自分を好きになってくれた男性に心を許し、交際を続ける中で少しずつ距離を近づけていく。こんな恋愛もあるはずです。
一方的に好きになって愛に狂ってしまうよりかは、愛されることによって冷静でいられる方が、実は楽かもしれません。

このように、交際の選択肢って色々ありますし、『なにが適しているか』というのは経験してみないと分らないことです。
ですので、多くを経験して『自分にとって正解』を見つけること。そうやって、本当の幸せを手に入れましょう。


もしかしたら『体だけの関係が理想』こんな女性だっているかもしれません。
『恋愛状態になって、色々な問題が起こることが面倒くさい』このように感じ、
それならば『さっぱりとした関係の男性を複数持った方が楽』こう感じることだって全然あるでしょう。

男女関係で重要なことは自分が幸せかどうかですから、『好きな人と一緒にいれば幸せとは限らない』これを理解して、
自分に合った恋愛をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6