トップへ戻る

交際中はどこまで拘束できる?

交際中はどこまで拘束できる?

交際中はどこまで拘束できる?

『付き合っている状態ならばどこまで相手を拘束していいのか』これがテーマになることは多いですよね。
例えば束縛が代表ですが、
女性ならば『女友達と楽しく遊んでいる時でも、彼氏からの呼び出しがあったら戻らなければならない』
とか『どんなに楽しい時や忙しい時でも、電話には出なければならない』などのように、
『心理的に拘束される』ということが交際には必ずあるでしょう。

また交際中だと『それに従ってしまう』ということがありますよね。
これは『好きだから』ということと『嫌われたくない』という欲求があるからで、『別にあんな奴どうでもいいや』と思えたのならば、
自分の都合を最優先して『忙しい時や楽しい時には電話には出ない』『予定を変更してまで呼び出しに応じることはしない』となるでしょう。

スポンサーリンク


また本来ならば『交際しているからといって、拘束される必要などない』これが正しい考え方なのです。
交際といっても法律上の結びつきがある訳ではなく、単なる友達に過ぎない訳ですから、深い関係にあるにしても、
その友達から『○○はダメ』『これをしないと別れる』などと強制される必要などないですよね。

女性の場合、『彼氏から服装の指示を出される』こんな体験をしたこともあるのではないでしょうか?
『スカートを穿くな』『露出を控えろ』など、細かく指定する男性もいますし、それに従ってしまう女性もいるでしょう。

しかしそれに対しても、素直に従ってしまうことは間違いで、『自分が着たい服を着る』これが正しい選択なのです。
例え喧嘩になっても『自分が我慢する』これはおかしいでしょう。

人によっては『そうやって喧嘩するのが面倒くさいから自分が我慢する』と考えてしまう人もいるはず。
しかし、それをしてしまうとその時間って帰ってきませんし、『その時にできたこと』を無駄にしたことになります。

人間関係ってどんな環境でも対等でなければなりませんから、自分の主張って絶対に通さなさなければならないのです。
ですので、『交際によって拘束される必要などない』ということを理解して、
少しでも我慢しているようならば、『我慢などする必要はないんだ』と受け止めて、今すぐ自分を解放しましょう。


我慢し続けた恋愛って、別れてから後悔するだけとなります。
そういう恋愛をした場合、楽しい想い出など残らず、『もっと自由にやっておけばよかった』という後悔だけが残るのです。

人間関係で我慢などする必要はありません。言いたいことやしたいことを我慢する人生など、
つまらないだけになってしまいますので、その時その時を楽しめるように、いつでも自分の主張を大切にしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6