トップへ戻る

男性は何年前までやり返したいもの?

男性は何年前までやり返したいもの?

男性は何年前までやり返したいもの?

女性の場合、10年前の恋人に対してでも、別れ方次第では『やり返したい』という願望を持っていますよね。
また実際にやり返したとしても、周囲も『よくやったね』くらいに言うだけで、『小さい女』と否定することはないでしょう。

しかし男性の場合、『10年前に自分を振った女にやり返した』となった場合、
『小さい男』と責められることが圧倒的に多いのではないでしょうか?

男女は平等なのにこの違いは理解できないところですが、『過去の恋人にやり返す』これを求めるのって女性だけではなく、
男性もそうですから、友人や知人がやり返したり、または『元カレがやり返してきた』という状況になっても、
小さい男だなどとは思わないようにしましょう。

スポンサーリンク


では、『男性は何年くらい前までやり返したいと思うのか?』男性の場合でも、10年前ならば全然普通にやり返したいものです。
むしろ、20年前でもチャンスがあったらやり返します。


『あの時こうしてやり返したかった』『こう言いかえしてやりたかった』こんな憎悪って、時間が経てば経つほど膨らむ一方ですから、
『時間が解決する』ということなどないのです。また、当然性別も関係ありません。

女性の場合、都合が悪かったり気に入らないと、何でも小さい男で済ませてしまう傾向がありますが、それはかなりの女の都合です。
『女は良くて男はダメ』こんなことは一切ありませんから、『男性がやり返したい』このように思ったのならば、
それは、『その時にしっかり言いたいことを言わせなかった者がいけない』ともなるでしょう。

交際においては、振る側は振られる側に『思い残すことがないように、一言言わせて終わりにする』という義務があります。
それさえしていれば、何年も経ってから『やり返したい』と思うことなどないのですから、『振る側が勝って終わり』などあり得ないのです。

ですので、恨まれているのならば自分が悪いということを受け止めて、相手に何を言われてもいい覚悟を持ちましょう。
それをさせないと、一生恨まれ続けますし、最悪の事態があっても不思議ではありません。
言葉で済むのならば平和なのですから、『負けてあげる』という気持ちがとても大切になります。


『勝ち逃げ』や『捨てゼリフで別れる』これをしてしまうと恨まれます。こういう怒りは何年経っても消えることがありませんから覚悟すべきです。
女性の中には『あの人だけが幸せになるなんて許せない』こう思うことがあるでしょう。

男性も当然そう思いますし、人生をめちゃくちゃにしてやろうと思うのです。恨まれないことが絶対に大切です。
ですので、万が一恨まれてしまったのならば、誠心誠意謝罪するようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6