トップへ戻る

男性は1年会わなかったら相手にしない

男性は1年会わなかったら相手にしない

男性は1年会わなかったら相手にしない

男性って、『どれだけ好きだった女性』がいたとしても、会わない期間が1年あったら、その時点で冷めてしまいますし、
その後頻繁に会うようになっても再び魅力を感じることはありませんので注意した方がいいです。

女性の中には、『この人は私にベタ惚れだから大丈夫』と言わんばかりに他の男性と付き合って、
自分にベタ惚れの男性は放置してしまうこともありますよね。

もちろん彼氏ができてからも、『定期的にベタ惚れの男性と会うようにして、気持ちだけは繋いでおく』もしくは『利用する』という女もいますが、
それでも、『男性の方から離れていく』ということも全然あるでしょう。

スポンサーリンク


そのため女性としても、『今まで私のことをあんなに好きでいてくれたのに、やっぱり彼氏ができたらだめらしい』と諦めることもあれば、
『彼氏がいても私に夢中になって』とわがままを押しつける人もいるもの。

しかし男性としても、さすがにそんな状態で追いかけることはしませんから愛想を尽かしますし、
どれだけ女性から『会おうよ』と言われても、その状態では一切会うことはないのです。

ですので、どうしてもその男性の気持ちを取り戻したければ、『彼氏と別れる』しかない訳ですが、それにも期限があります。
ベタ惚れだった男性も、既に冷却状態に入っていますから、そうなれば時間の問題ということ。

また、会わない期間が続けば、その分女性への興味が無くなっていきます。
そうなれば、再び会うようになっても、かつてのようにベタ惚れになってくれるとも限りません。

男性としても、『女は一人だけではない』というのが常識ですから、その期間にも他の女性と会うこともあれば、付き合うこともしています。
そのため、時間が経てば経つほどその女性への興味は薄れますし、『やっぱり付き合って欲しい』と言われても、
それに応えるかどうかも難しいところなんです。

『会わない期間』これが1年続いたら可能性はゼロだと捉えましょう。
男性は、どれだけ好きだった女性がいても、会って会話をする時間が1年以上なかったのならば、
その女性への気持ちを完全に忘れてしまうものです。
ですので、『自分を好きでいてくれている男性』こんな人がいるのならば、それを逃さないように、判断を誤らないようにしましょう。


その時は分からないということが多いものですが、『好きになってくれる』って貴重なことです。
もちろん、自分が不快に感じてしまうのならば、それは仕方がないことですし、後で気になることもないでしょうが。

そうではなく、『やっぱり彼が良かった』と思ってしまうことも全然ありますから、
『そうなった時には手遅れ』これを理解しておくことが重要なんです。

男性の気持ちは一度冷めてしまったら取り戻すことは困難ですから、その決断が本当に正しいかどうか、それを確かめるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6