トップへ戻る

話したい願望はNG

話したい願望はNG

話したい願望はNG

女性は『自分が話したい』という願望を持っている人が多いですよね。
もちろん、男でもこういった願望を持っている人は多いため、『女性限定』という訳ではありませんが、
どちらかというと、女性の方が顕著ということが言えるでしょう。

この話したい願望ですが、これは一言で言えば『未熟な証拠』ですから、『話したい』『誰かに聞いてもらいたい』と思っているのならば、
自分を変える必要があります。

というのも、人間って子供の頃は『話したい』『自分が中心でいたい』と思うものですよね。
特に生まれ立ての赤ん坊や園児などはその欲求が強く、大人を見つけては『かまって〜』と訴えてくるでしょう。

スポンサーリンク


またその時期ならば、周囲の大人も相手にしてくれますが、それがもう少し年を重ねると、『徐々に相手にしなくなる』というのが普通のはず。
つまりそれは、子供であっても、少しずつ成長していくことが望ましいため、いつまでも大人を求めることはNGだからです。

しかしながら、幼少期にその欲求が満たされなかった人間は『いつまで経っても大人を求める』という行動をしてしまうのです。
例えば、園児レベルの時に満足にかまってもらえなかったのならば、自分が大人になってからも大人を求め続けます。

これが、話したいという願望なのです。もちろんこれだけではなく、単純に『ストレスがたまっている』ということもありますが、
人間は『大人になったら聞き役に回る』ということが基本でしょう。
しかしそれができず、いつまで経っても話し手でいたい人もいますから、そうなってしまうと痛いだけの人となるため注意が必要となります。

20歳代以上の女性が『聞いて聞いて』と訴えてきたら正直気持ち悪いです。
男性としても、その年齢の女性には大人を求めますから、『会話のキャッチボールができること』これが当たり前だと思っています。

そのため、『一方的に話すことだけを求めている女』こんな女だったらびっくりしますし、
ずっと話しているような女ならば、まず恋愛の対象にしようとは思いません。
『聞くことが大事』これを理解することが大切ですし、それができて初めて大人の女となりますので、そんな女性を目指しましょう。


誰だって一方的に話されたら疲れますし、人の話など聞きたくもなく、どうでもいいのです。
だからこそ、『聞く』という能力が求められます。
話を聞ける人間は誰からも慕われますが、一方的に話すだけの人はウザいと思われて終わりでしょう。

話し上手というのは、聞く力があるからこそ人気があるのです。
『人が話し出した瞬間にキョトンとしてしまう』こんな人はNGですし、全く必要のない存在ですから、そうはならないように注意が必要です。
自分が話したいなどとは思わずに、『相手に気持ち良く話させてあげる』このくらいの気持ちを持って接するようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6