トップへ戻る

飲み会はメリットで判断すること

飲み会はメリットで判断すること

飲み会はメリットで判断すること

『飲み会に参加するかどうか』これは、メリットの有無で判断するべきです。
というのも、飲み会というのは往々にして『メリット無し』であることが多いからです。

何にメリットを感じるかは人それぞれですが、例えば『とにかく人とどうでもいいことを語り合いたい』こんな人ならば、
飲み会に参加するメリットがあると感じるでしょうし、さらには『話すことが好き』『一方的に話すことができる』という人も、
『メリットあり』と感じるでしょう。

しかし、本当の意味ではこれはメリットではなく、一時的に心が満たされただけに過ぎないのです。
本来メリットデメリットって『自分の人生にどのように反映していくか』ということが重要ですから、
むしろ考えるのならば『その時間をどう過ごすか』ということが重要になってきます。

スポンサーリンク


ですので、飲み会に参加することによって生じる時間のロス、
これに対して『この時間に何ができたか』『それによる損失は?』『それを踏まえた上で、参加するメリットがあるか』
と考えることが正しい判断となります。

例えば、『愚痴や悪口ばかりの飲み会』だった場合、自分も愚痴・悪口を言えてすっきりしたとしても、
はっきり言ってしまえば時間の無駄であることには変わりありませんよね。

というのも、そういうことは他のことで解決すべきことであり、さらに言えば『自分でコントロールできなければならない』となるからです。
例えば、『愚痴や不満がたまっている』となっても、
そんなことどうでもいいと感じられるくらいに熱中できることがあるのならば解決するのですから、
本来ならば『飲み会に参加する時間を自分が熱中できるものに費やす』が正解となります。

もちろん、『私は皆と飲むのが好き』という人もいるでしょうが、それだけでは向上心がないでしょう。
人間はどこかで変わらなければなりませんし、ずっと呑気に飲み会大好きではいられないはず。

だからこそ『飲み会の参加はメリットがある時のみ』と最小限に止め、
その他の時間は思いっきり自分のために使えるようにして、成功する人間になりましょう。



『飲んでばかりな人』これって印象が悪いでしょう。また『飲み会大好き』これもどうなんでしょう。
『その時が楽しければいい』というイメージを持たれると恋愛面では大きなマイナスとなりますから、それは注意すべきです。

『目標がある女』男性はこんな女性に魅かれますし、むしろ、目標がない女になど興味はありません。
飲んで騒いでが楽しいというのは一時期だけで十分なはず。それに気付けるようにして、将来への目標を持つようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6