トップへ戻る

飲み会に不向きな女とは

飲み会に不向きな女とは

飲み会に不向きな女とは

飲み会の場合『全員が楽しく盛り上がれること』これが前提となることが多いですよね。
そのため『誰かが気を使う』『誰かに気を使う』ということがあったらつまらなくなってしまいますし、
最悪の場合、『一人のために全員がつまらなくなってしまう』ということもあるでしょう。

一般的に考えれば『飲み会はどんな人でも問題なく楽しめる』となるのでしょうが、実はそうではないのです。
男女どちらにも、『飲み会に不向きなタイプ』というのがいます。
男性の場合には『だまってしまうタイプ』で、大勢の中では話せない人っていますよね。

このような人の場合、はっきり言って飲み会って向かないのです。
というのも、話せないのでは周囲も気を使って話しかけることになりますし、何より『本人がつまらない』となってしまうでしょう。

スポンサーリンク


話せない本人としても『なんとかして話さなくては』と必死になり、その結果空回りしてしまうことも多々ある。
そのため、飲み会会場でも孤立してしまい、『たまに誰かが一言二言話しかけて去っていく』という程度となりますから、
『そんなことのために会費を払う』って、とてもバカバカしいことであり、『周囲に迷惑をかける』とかそういう問題以前に、
自分が不快で時間の無駄をしますから、『大勢の中で話すことが苦手・話せない』という人は、誘われても断った方が賢いのです。

上記の例は『飲み会で浮いてしまうタイプ』ですが、不向きなタイプの中には『嫌われるタイプ』もいます。
それが『自分が一番じゃないとダメ』という女性です。


『自分が一番じゃないとダメ』これってつまりは、
『自分が中心になって話したい』『その話を周囲は真剣に聞き、聞きたがる』こんな状況を望んでいるということですよね。

これも、男女どちらにもいますが、女性の場合、それが叶わないと態度に出してしまう人が多いのです。
例えば、『私よりも他の女の子が注目されている』という状況になると、あからさまに不機嫌な態度を取り、タバコを吸い出したり、
携帯をいじくりだしたりするなど、『一人だけその女の子の話に耳を傾けない』という状態になる。こんなこともあるでしょう。

こうなった時の周囲の対応って分かれるのです。優しい人がいれば話しかけてくれますが、
そうでない場合『なんだあの女』となり最後まで誰も相手にしません。
そういう行動って『私を中心にしろ』『私をかまえ』とアピールしていることそのものですから、
そんな見っとも無いことをして場の空気を乱さないように注意しましょう。


『一人だけ面倒くさい人がいる』こんな飲み会もあるでしょう。しかしこのような人って、次から誘われないことが多いのではないでしょうか?
さすがに、次回の時には誰も誘おうと言いださないはず。

何より面倒くさいですし、誘うメリットがありませんから、『気が付いたら飲み会に誘われなくなっていた』という人は、
『自分に原因がある』と思った方がいいです。とはいえ、飲み会など強制ではありませんし、捉え方によっては時間の無駄です。

むしろ、会社経営などで成功している人間は、
『メリットがない飲み会』になど参加しませんから、そういう意味では『時間ができた』と捉えて、自己投資に励むこともありでしょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6