トップへ戻る

恋人の愛情が本物かどうかを見抜くポイント

恋人の愛情が本物かどうかを見抜くポイント

恋人の愛情が本物かどうかを見抜くポイント

好き同士で交際をしても、『この人本当に私のことが好きなのか?』と疑ってしまうことって全然ありますよね。
むしろ付き合ってからの方が、『ただ自分勝手な人』と感じてしまったり、『体目当て』と思えてしまうことも多いため、
それが本物の愛情かどうかと判断することって意外と難しいことといえるでしょう。

愛情には2種類あって、『相手を愛する純粋な愛情』と『自分を愛する自己愛』とがあるのです。
これは自分自信でも分からないところがあるくらい似ている感情で、自己愛を愛だと信じて告白してしまう人も多いため、
だからこそ『付き合ってから分からなくなった』ということも多々ある訳です。

純粋な愛情と自己愛の決定的な違いは、『どちらを主体にしているか』です。
純粋な愛情は当然相手を主体にしていますから、自分の気持ちを押しつけるようなことはしないのです。

スポンサーリンク


一方で自己愛の場合、『自分の気持ちが何より大切』という考え方であるため、基本的には自分の気持ちを押しつけます。
例えばこんな経験はありませんか?『男性から告白をされ、それを断ったら翌日から凄い態度を取られた』ということ。

これってつまり男性としては『自分を振った女を許すことができない・自分を傷付けた女が憎い』ということなのです。
つまり大切だったのは『自分がその女性を好きだ』という気持ち。
だからこそ、その好きという感情を一方的に押し付けたかったわけで、それが叶わなかった場合には憎悪に変わる訳です。

これがもし、純粋な愛情だったのなら、『自分と付き合うことは、相手にとって幸せな選択ではないんだ』と受け止めるのです。
つまり純粋な愛情の場合には、いつでも相手の気持ちを大切にしますから、たとえ告白をして振られたとしても、
相手を嫌ったりなどといった態度の変化はないはずです。

このようなことが『恋人の愛情が本物かどうかを見抜くポイント』となります。
例えば交際中に、『どう考えても一方的過ぎることを押し付けてくる』『自分の気持ちなど全く考えていない』と感じることが多々あるのならば、
それはほぼ自己愛型と捉えて間違いないでしょう。

強引に『これをしなければ愛情がない』としてきたり、断っているのにそれでも頼みごとをしてくるなど、
こんなタイプは結論から言えば『自分の欲求が通ればいい』これしか考えていませんから、それを通してしまうとその後の関係に、
『強弱・上下関係』ができてしまうため、早い段階でしっかりと断ることや、見切りをつけることが大切です。


女性の場合、『自分を大事にしてくれる相手』これを求めるでしょう。しかしこれは男性も同じです。
従って、『自己愛型の女』というのは基本的にNGとなります。全体的に見れば、自己愛型の人は女性に多いと言えますので注意が必要です。
男性は、女性の単なるわがままに一生付き合うことなどしません。恋愛はギブ&テイクが基本ですから、それを忘れないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6