トップへ戻る

女とは『金の切れ目が縁の切れ目』という存在

女とは『金の切れ目が縁の切れ目』という存在

女とは『金の切れ目が縁の切れ目』という存在

女性って、女性の方が『金がある男性に集り、無くなったら離れる』くらいに考えているのでしょう。しかし実際にはそうではないのです。
切られているのは女性の方ということ。男性って、完全に金が無くなる前に『この女は金目当て』と分かった時点で切りますから、
実際には『金の切れ目が縁の切れ目』ではなく、それよりも前の段階で男性の方から切られているとなるのです。

しかし女性は、そうやって切られたことに気付くこともない訳ですから、男性としては『女はバカだ』となるのです。
例えば、『いつも奢ってくれる男性』っていますよね。このような男性って、いつの間にかいなくなっているとは思いませんか?

このような女性は、いつも奢ってくれる男性を多く持っていて、『私はモテている』くらいに思っているのでしょう。
しかし男性としては、『やらせもしない女に奢り続けるつもりはない』となりますから、『何回まで』と最初の時点で決めているのです。

スポンサーリンク


こうやって決められている時点でこの女性を軽視していることになりますし、『初めから体目当て』ともなるでしょう。
さらにはこれって、店に行ったことと変わらないのです。

飲み屋の女性に金を使うことと同じで、むしろそれよりかは安い料金で『やれるかどうか』を楽しんだわけですから、
男性としては結果的にやれなかったとしても、『まあそれは別にいいや』となるのです。

このように、始めから真剣交際など考えていませんし、夜の女性と同じ扱いをしているのが男性ですから、
真剣交際の対象にして欲しいと思うのならば、早い段階で体を許すようにして、次のステップに進める女になりましょう。

女性は勘違いしている部分がありますが、男性って『体の関係を持ってから』なんです。
女性の場合、『やらせたら終わり』くらいに思っている人もいるようですが、それは女性の間違いで、
男性は『肉体関係を持ってみないと何も分からない』が基本です。

従って、本当に付き合いたいと思う男性が相手ならば、まずは関係を持ちましょう。
それをして、男性が良いと思えるのならば真剣交際に発展しますし、ダメだったのならばそれで終わるということです。
このくらいのことを受け入れられなければいつまで経っても体目当ての女にされるだけですから、常識を身に着けるようにしましょう。


男性って『女など金で買える』と思っています。またそう思わせているのは女性です。
女性が男性の金に集るからこそ男性は、『金を払えばいい』と思うようになるのです。

ですので、『金など要らない』という女性になることで、他の女性との差別化が計れますし、真剣交際の女になれます。
男性にとってどれだけ都合のいい女になれるかどうかが大切です。
面倒くさい女など絶対にダメですから、『やりたい時にだけ会えばいい女』になって、真剣交際の対象になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6