トップへ戻る

胸はどこまで露出するべき?

胸はどこまで露出するべき?

胸はどこまで露出するべき?

女性が胸を露出することは当たり前でしょう。
若い女性ならば積極的に胸を出すことが、『男性へのアピール』となりますから、『露出しないことは愚か』となります。

これがおばさんだったら『露出はNG』となりますので、自分の年齢を考えながら、
露出するべきなのか、それとも、露出をしたら周囲を不快にさせるのか、これを考えるようにしましょう。

このように『若い女性は胸を露出すべき』となりますが、重要なことは『どこまで出すか』ということなのです。
もちろん、全部出してしまったら面白さがありませんからそれはNGとなります。
露出というのは『隠れている部分があるからこそ男性を興奮させる』というもの。
従って、出さな過ぎは論外ですが、出し過ぎも微妙となるのです。

スポンサーリンク


理想の露出としては『胸の中央まで出す』ということ。
胸は『上・中・下』に分けることができますが、その『上と中まで出す』ということです。
また、『下着が見えないギリギリのところまで出す』と捉えてもOKです。

ですので、下着の形も重要となります。
できるだけカップが小さい下着を選んだ方が露出できる部分が増えますので、そんな下着を選ぶようにして、
露出できる部分を増やしていきましょう。

結論としては『下着が見えなければいい』『下着が見えない範囲で出せるだけ出す』これが露出です。
これは胸だけでなく、脚に関しても言えることです。

脚の露出も、下着が丸見えでは品が無くなってしまいますが、一方で、『下着が見える可能性が全くない』でもやはり品がありません。
上品な露出というのは『下着が見えるかどうか』というギリギリのところまで出すことを言いますから、
そんな露出を心掛けて、上品な女になりましょう。


『どこまで露出できるか』これはそのまま、『自分に自信があるか』ということにかかってきます。
自分に自信がない女の場合露出などできないはず。

そのため、露出がない女って男性から軽視されますし、『あの女は体が悪いから露出をしていない』とも思われるのです。
そんな笑い者になどなりたくないでしょう。男性の中では『女性=露出』なのです。

ですので、そんな男性の期待を裏切らないためにも露出上手になることが重要ですし、
自分自身がモテるためにも上品な露出ができる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6