トップへ戻る

肉体関係とは契約と同じ

肉体関係とは契約と同じ

肉体関係とは契約と同じ

女性は『肉体関係は特別なもの』『愛し合う男女がするもの』くらいに捉える傾向がありますが、肉体関係って本来楽しいことであり、
また『一種の契約と同じ』なのです。

というのも、肉体関係を持った男女って、一般的に親しくなるでしょう。
これって要するに『体の関係を持つことで、お互いに認め合った』ということですから、『信用の証』という契約と同じになります。

従って本来ならば、男女関係において必須なものであり、
『肉体関係なしに友情など築けない』『肉体関係を持ってから全てが始まる』となります。

スポンサーリンク


ですので、例えば仕事の相手であっても、まずは肉体関係を持ってみて、
『この相手ならば信用できる』ということを確かめた上でビジネスの話に入るべきでしょう。

仕事の相手としてはメリットがあっても、人間的に信用できるかどうかなどは関係を持ってみなければ分かりませんし、
それが分からない限りは仕事上の信頼関係も築けないのですから、このように考えれば体の関係ってとても重要になってくるのです。

従って、女性は肉体関係への考え方を変えて、またハードルを下げることが急務といえます。
現状では殆どの女性が『好きな男性とする』という考え方を持っているため、それでは楽しむことができませんし、
契約としても不成立になってしまうでしょう。

また『これだから、男女関係はいつまで経っても平行線のまま』ということも言えます。
男性は『許容範囲内の女性とは関係を持ちたい』と思っているのに、女性が好きに拘ってしまうからこそ、
現状では『交際することが肉体関係の条件』となってしまうのが一般的ですよね。

それでは、男女どちらも楽しむことができませんから、お互いに楽しむためにも、
女性も『許容範囲内の男性とは積極的にする』『肉体関係を楽しいものと捉える』『好きに拘らない』という考え方を身に着けて、
『肉体関係ありの友達』という男性をたくさん持つようにしましょう。


体と気持ちは別です。またこの考え方を理解できる女性がモテます。
『体の関係=好き』ではやってられませんから、『体の関係を持ってみて、好きになるかどうかを判断する』という、
正しい考え方を持ちましょう。

守るべきことさえしっかりしていれば、男女どちらもが楽しめるのが肉体関係です。
特に近年のように『恋愛を苦手とする時代』では、自分を求めてくれる異性って大切なのではないでしょうか(2014年現在)。

男女関係の形など何でもいいのです。
求めてくれる異性がいることが重要ですから、そんなパートナーを作るためにも賢い考え方を身に着けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6