トップへ戻る

男性の義理チョコの扱いとは

男性の義理チョコの扱いとは

男性の義理チョコの扱いとは

女性は知らないでしょうが、男性はバレンタインで貰う義理チョコを『女のレベルによって扱いを変える』ということをしているのです。
普通に考えれば『女性の外見とチョコの味は無関係』ですし、そんなこと当たり前ですよね。
しかし男性は『誰がくれたチョコ』というのをとても気にするため、それによって全く異なる扱いをするのです。

例えば、美人な子にもらったチョコや、可愛い子や巨乳の子にもらったチョコならば、普通に自分で食べます。
また、『美人』『可愛い』『巨乳』とでそれぞれ味に違いを感じるものですが、それはそこまで気にせず、
『あんな子にもらったんだ^^』と微笑みながら、一粒一粒大切食べるものです。

次に『許容範囲内の子にもらったチョコの場合』、この場合は一人では食べず、家族などがいれば一緒に食べてしまいます。
要するに、そこまで大切にしようとも思わず、またそれ程の思い入れもないということです。

スポンサーリンク


また女性からすれば『あり得ない』となるでしょうが、『ブスやデブの子から貰ったチョコ』に関しては、最悪の場合犬にあげます。
『最低男』と思うでしょうが、男性ってこんなもので、
どうしても『あの外見の子がくれたチョコ…』と思うとどこのメーカーのチョコであっても食べることができなくなってしまい、
何でも食べてくれる犬に与えてしまうのです。

これって、『バレンタインだからこそあること』なのです。
これがお中元やお歳暮ならば全く気にせず普通に『美味しい』と思いながら食べるものですが、
バレンタインという女性のイベントだからこそ、男性は変に意識してしまい食べられなくなってしまうのです。

例えば女性が『嫌いな男性が触った下着は捨てる』ということと同じ感覚といえます。
とはいえ男性の場合、女性ほど気にするものではなく、男性によっては『誰がくれた』など気にせず食べる人もいますし、
またどれだけの美人がくれたとしても『チョコは嫌いだから』という理由で人に上げてしまう男性もいますから、
一概に『男性は皆犬にあげる』という訳ではありませんが。

いずれにせよ、義理チョコであっても、貰う側の男性もそれなりの気持ちを感じてしまうのがバレンタインのチョコですから、
女性もそんな男性心理は理解しておきましょう。


特に義理チョコの場合、『女は適当に配っているだけ』というところがありますよね。
そのため、『犬にやるのでも別に構わない』と考える女性もいるでしょうが、『犬にあげる理由』としては納得いかないのでは?

全く同じチョコでも、美人から貰ったものは男性本人が食べ、ブスやデブから貰ったものは犬が食べるのです。
それならば、『義理チョコなど渡さない方がいい』となるでしょう。
男性としても、『貰うことさえ面倒くさい』という人もいますから、本当に感謝してくれる人にだけ渡すという選択もありでしょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6