トップへ戻る

チョコを貰えない男性が考えること

チョコを貰えない男性が考えること

チョコを貰えない男性が考えること

バレンタインでは、チョコを貰える男性もいれば、貰えない男性もいる訳ですよね。
特に『目の前で友達や同僚には渡しているのに自分にはない』これってとても不愉快で、
『少しは気を使え』『俺がいない場所で渡せ』と感じるのが一般的な男性の心理です。

このように『チョコを貰えない男性』はどんな考え方を持っているのか?
『自分も欲しい』と思うのか?それとも『別の何か』を考えているのか?女性もこれは知っておく必要があります。

チョコを貰えない男性が感じることは『この女ども許さない』というものです。
女性って無神経なもので、上述したように『あげる気がない男性の目の前で、他の男性には渡す』とするでしょう。
そういうことって、その女性から貰いたいとかそんなことは全然なくても、されて気持ちの良いことではないのです。

スポンサーリンク


またチョコを貰った男性が嫌味な奴だったら、『ごめん俺だけもらっちゃった』とか、『あれ、お前はもう貰ったの?』とか平気で言ってきます。
従って渡すのならば、『他の人がいないところ』というのが常識ですから、その程度のことは守るようにしましょう。
こういうことを守れない女が恨まれるのです。従ってこれって『恨まれて当然』ということです。

例えば貰えなかった男性が、チョコを貰った男性から嫌味を言われたとしたのなら、それは女の配慮不足が原因となりますよね?
女性としては『それは関係ない』と主張するのかもしれませんが、男性はそのように捉えて『チョコを渡した女』を恨むため、注意すべきです。

特にバレンタインの場合、『貰えなかった』という男性はそれだけで屈辱的ですから、
あげないのならば男性との距離感が変わるということも十分に理解して、冷静な判断を心掛けるようにしましょう。


バレンタインって、男性からすれば『女が勘違いする日』なのです。
男性としても『義理などいらない』と思っているのに、大量に配る女も多いですよね。
それでも、貰える男性は『面倒くさいな』と思いながらもその女性を恨むことはありません。

ですので、義理チョコをばらまくのならば平等にばらまいた方がいいでしょう。
そうすれば恨まれることなどありませんから、不公平がないようにしましょう。

例えば、クラスの男子が20人ならば、20人全員に渡すこと。
また社会人になったのならばそれはさらに厳しくなりますから、職場の男性には平等にすることが絶対となります。
男性は、『一度怨んだら忘れない』という性質を持っていますので、判断ミスをしないように正しい選択をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6