トップへ戻る

バレンタイン恐怖症の男性とは

バレンタイン恐怖症の男性とは

バレンタイン恐怖症の男性とは

世の中には『バレンタイン恐怖症』という男性がいるのです。
この男性の特徴は、『バレンタインデーが近づくと極度の緊張に襲われ、その場から逃げたくなる』というものです。

これは、『過去のトラウマ』が原因であり、それから立ち直っていないということが全てなのです。
従ってこんな男性は、バレンタインデーが近づく度に『今年はどうやって身を隠すか』と必死になっているのです。

バレンタインデーというのは『貰える人と貰えない人』が明確に分かれる日ですよね。
他の何の日でもなくて、極端に言えば『男性を区別する日』なのです。

スポンサーリンク


そのため、1つでも貰えればまだ良いとなりますが、一つも貰えないということが続いたのならばそれは、
『確実な敗北』『自分はダメ人間と認めざるを得ない』となるため、だからこそバレンタイン恐怖症に陥ってしまうのです。

またこれって、男性に原因がある訳ではないでしょう。
誰にあげるかということは女性が勝手に決めていることですから、男性は『選ばれなかっただけ』となり、
モテない男性にとっては、どうやっても無駄なのがバレンタインデーなのです。

そうなれば、僻んでしまうことも無理はないでしょうし、『その日が来るのが怖い』となるのも普通である、これは女性にも分かるのでは?
女性の場合、『男性が女性に何かを渡す日』というのがないためいまいち気持ちが分からないかもしれませんが、
もしも毎年『周りの友達は全員選ばれて、自分だけ選ばれない』ということが続いたのならば、
『その日が怖い』という恐怖症に陥ってしまうのではないでしょうか?

また、その友達からも、徐々に距離を置くようになっていくのでは?男性にはそんな日が毎年あるのです。
しかも、サラリーマンとして働き続ける以上は、定年までそれが続くのです。

そう考えれば恐怖症にもなりますし、『その日から逃れたい』と考えることも普通のはず。
そのため恐怖症の男性は、その日を無意識に避けるようにもなってしまうのです。

例えば、2月14日を前にすると体調を崩すなど、そうやってバレンタインを避けることで、自分を守ろうとするのです。
女性としては『???』という話でしょうが、世の中にはこんな男性もいますし、
このような男性にとって女性とは『敵』となりますので、注意するようにしましょう。


バレンタインというのは『無駄な不公平』と言えるでしょう。
特に義理チョコはその象徴で、『義理で配るのならば全員に配るべき』とこんな考え方もあります。

これがもし、本命チョコしか存在しないのならば誰も恐怖症になどなりません。
『目の前で他の男には配っているのに自分にはない』この衝撃が精神を蝕むのです。
『配る際には周囲への配慮も大切にすること』この常識を心掛けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6