トップへ戻る

バレンタインでのマナーとは

バレンタインでのマナーとは

バレンタインでのマナーとは

バレンタインには『心掛けるべきマナー』というのがあるのです。
女性の場合『渡したい男性に渡す』と考えているもので、義理チョコであっても、親しい友人を適当にピックアップして渡すだけでしょう。

しかしこういうものは、『渡される側の気持ち』になることが重要なのです。渡される側とは、男性のことです。
つまりバレンタインでは、『男性全体を見て判断すること』これがマナーになります。

バレンタインの行動次第で女性は恨まれることになりますので、だからこそ注意が必要なのです。
例えば『A君とB君には渡そう。C君とは何度か食事をしたけど、まあチョコはあげないでいいか』と判断した場合、
この場合重要なことは、『C君があなたからのチョコを期待しているかどうか』これになります。

スポンサーリンク


というのも、何度か食事をした仲ならば、それなりの関係であると言えるでしょう、また、A君・B君との関係性も大切です。
例えば『A君・B君・C君』というメンバーで食事をしたのなら、C君とはそれほど親しくないということがあったとしても、
C君にだけ渡さないって不自然ではないでしょうか?C君としても『何で俺にだけないんだ?』となるでしょう。

男性はバレンタイン後に、『誰から貰った?』という話を確実にしますから、
そこで『共通の友人女性から自分だけもらっていない』という事実が発覚したのなら、それは一大事なのです。

ですのでバレンタインで義理チョコを配る際には、単純に仲が良い相手に渡すだけではなく、
『これから仲が良くなるであろう相手』これにも渡すことが大切です。


特に、『義理チョコを配る』というやり方をするのならば、ある程度は広い範囲で配ることも重要ですから、
バレンタインが原因で男性に恨まれたりしないように、配るのならば失礼がないようにしましょう。


義理チョコに関しては『配らない』という方法もありなんです。誰にも渡さなければ『そういう女』で済みますからなんの問題もありません。
最もいけないのが『誰には渡して誰には渡さない』という不公平です。
女性としては『不公平など意味が分からない』となるのでしょうが、男性がそう感じる以上不公平が成り立っています。
女性だって、そんなことで態度を変えられるくらいならば渡した方がマシでしょう。

特に女性の場合、500円前後のチョコを渡せば1000円以上のチョコが返ってくるんです。
そう考えれば、チョコ好きの女性には美味しい話ですし、ばらまいた方が賢いとも言えるはず。
女のその考えがウザいという男性もいますが、不公平を作るよりかはマシですから、無難に渡すようにして、お返しを楽しみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6