トップへ戻る

義理チョコをもらえない男性の心理とは

義理チョコをもらえない男性の心理とは

義理チョコをもらえない男性の心理とは

男性は『義理チョコを貰える人』と『貰えない人』とに分かれるものですが、
貰える人の場合『面倒くさい・ウザい』『義理ならば配らないでほしい』と考える訳です。

しかしながら、義理でさえもらえない男性の場合『何で俺だけもらえないんだよ!』と怒り狂うことが多く、
当然ですが2月14日以降、『他の男性にはチョコを配っていた』という女性への態度が変わりますので注意しましょう^^

この怒りを露骨に出す人は出すもので、『昨日までは普通に話していたのに、今日になって急に態度が変わった』こんなこともあります。
女性としては『何?』と思うのでしょうが、これってチョコをくれなかったことに対する怒りなのです。

男性にも当然『モテたい』という願望があり、『自分はモテるはずだ』と思っている部分もありますから、
『貰えなかった』という事実を受け入れきれない男性もいます。

スポンサーリンク


また、『他の男には堂々と渡している』これにもショックを受けるのです。
しかも、『自分とも普通に話している女が自分には渡さず、他の男達には渡す』これは衝撃なのです。
男性としては『義理チョコなんだからついでにくれれば傷付かない』と感じるもの。
こういう経験が重なって『バレンタイン恐怖症』になる男性も少なくありません。

例えば、『バレンタイン前後は外出しない』と決めて、可能な限り引きもこもるなど。
もちろんこれは社会人ならば難しいでしょうが、それ以外の人ならばできることでしょう。
また社会人であっても、強行すれば何とかなります。

例えば、『バレンタイン当日は学校を休む』『バレンタイン当日は仕事を休む』などのように、
その当日だけに的を絞って引きこもるようにしてしまえば難を逃れることができますし、
また、2月14日というのは冬ですから、風邪をひきやすい時期でもあります。
従って、普段真面目に働いていれば、『その日くらい』ということも可能であるため、こんな男性も実際にいるのです。


バレンタインって、男性にとっては残酷なイベントなのです。
『A君は貰えたけどB君は貰えない』こんなことは日常的ですし、A君とB君は親友ということも十分にあります。

また、A君とB君に渡したのは共通の友人ということも全然あるのですから、そうなればB君は傷つきますよね。
もしもバレンタインが、『男性が女性にチョコを渡すイベント』だったのなら、こういう部分が指摘されていたり、
『○子には義理チョコを渡さなかった』と非難されたりなど、かなり面倒なことになっていたかもしれませんね。

いずれにせよ、『貰えなかった』これを理由に恨みを抱える男性もいます。
もちろん女性が悪い訳ではありませんが、そんな現状もありますので、渡す際には周囲の状況を十分に考えるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6