トップへ戻る

義理チョコを渡さない女に対する男性の見解

義理チョコを渡さない女に対する男性の見解

義理チョコを渡さない女に対する男性の見解

男性って、『義理チョコを渡されること』基本的にはこれを嫌うものなのです。
従って、それ程仲が良くないのならば、バレンタインだからという理由でチョコを渡すことなどしない方がいいでしょう。

しかしながら、ある程度仲が良かったり、普段から遊び仲間だという場合には、それなりに期待している場合もあります。
というのも遊び仲間の場合、食事や飲みに行った時に『男性の方が多く負担する』ということが圧倒的に多いですよね。

もちろん、『男性の方がたくさん食べているから』ということもあるでしょうが、
それでも結果的には『男性の方が多く負担している』となるのではないでしょうか?

また男性によっては『完全に奢り』とする人もいますから、そういう日常があったのならば、
『義理チョコでもいいからバレンタインくらいは欲しい』となります。

スポンサーリンク


男性って難しいもので、『接点が少ない女性からならば、義理チョコはいらない』となり、むしろそのような女性から貰うことは面倒くさいし、
ウザいとなるのです。

しかしながら、上述した例のように、『男性が多く負担している、奢っている』などのように、
多少でも自分がその女性の力になっているという状況の場合には、『どこかで感謝を見せて欲しい』と思うのです。

ですので、『普段から話を聞いている』という場合にもこれは当て嵌まります。
要するに男性は『仲が良い女性からは義理チョコが欲しい』ということなのです。

男女関係の場合、たいていの場合が対等ではなく、男性は我慢して付き合っていることが多いため、
バレンタインの義理チョコにより感謝を伝えられ満足するということが多々あります。
従って、そのような基準で『義理チョコをあげるべき相手なのか』『あげたら面倒くさいと思われるのか』これを見分けるようにしましょう。


男性としては、普段奢ったり話を聞いてあげたりしている女性から、2月14日前後に何もなかったのなら、
その時点で何かが変わるものです。
『この女は一方的な女なんだな』と感じ、それ以降の付き合い方を変えてしまう男性も少なくはありません。

バレンタインって女性にとっても難しいところがありますが、学校や職場のノリで渡すのならば迷惑がられるということは理解して、
それ以外の親しい男性にはむしろ渡すべきということも認識しておきましょう。

現在はまだ、『誰にも渡さない女』になっていいほどの時代ではありません。
むしろ、『男になど頼らない』という強い女性で、いつでも男性と対等で、男性が多く負担したり、
男性に話を聞いてもらったりが一切ない女性ならば渡す必要はありませんが、そんな女性はなかなかいませんので、
『親しい男性には基本的にあげる』これを守るようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6