トップへ戻る

男性はバレンタインに興味がない?

男性はバレンタインに興味がない?

男性はバレンタインに興味がない?

女性の中には『男性はバレンタインでのチョコを期待しているもの』と捉えている人もいるのではないでしょうか?
もちろん、気になる女性からの本命チョコならば、当然期待するところですし、それさえも要らないという男性はいないでしょう。

しかしながら近年では、『バレンタインなど迷惑なだけ・義理チョコなど要らない』とする男性が急増しているのです(2014年現在)。
というのも、バレンタインというのは厄介なイベントであり、『貰ったら返す』というルールがありますよね。

また、そのルールはいつしか『男性は3倍返しが基本』などのようになり、結局のところ『男性の方が多く負担する』となっているでしょう。
これならば、『チョコなどいらない』となるのが当たり前だとは思いませんか?

また女性によっては『お返しを期待してあげる』という人もいますよね。
女性の場合、300円のチョコならば、10人に渡しても3000円の出費で済みますが、男性の場合、300円のチョコを10人から貰った場合、
3倍返しをしなければならないのなら、一人に対し約1000円となりますから、10000円の負担となるのです。
これならば、『チョコなどいらない』となる男性の気持ちが分かるでしょう。

スポンサーリンク


そもそも男性は、義理チョコを配る女というのがウザくもなってきているのです。
『何のつもりだ?』と感じる男性さえいるもので、はっきりいって迷惑行為にもなっているところがあります。

その証拠に、学校や職場によっては、『バレンタイン禁止』というところもありますよね。
女性としても『禁止』としてくれた方が実は全然楽なのではないでしょうか?
『本当は面倒くさいけど女子の輪もあって配っている』こんな人もいるでしょうから、
全体で禁止にしてくれればそんなストレスからも解放されます。

本命の人に対しては、学校や職場で渡すのではなく、相手を呼び出して渡せばいいのです。
いくら禁止であっても、それは公には禁止ということですから、個人的な本命チョコならば全然問題ないでしょう。
つまり『バレンタイン=告白』くらいにした方が男女どちらにとっても楽ですから、せっかく女子から告白しやすいイベントなのですから、
そんな時を利用して、気になる人に接近してみましょう。


一昔前ならば、『バレンタイン』というと男性も大盛り上がりでしたが、現在では冷めきった感が否めないでしょう。
結局はただのイベントですから、衰える時には衰えるのです。

今の時代の流れでいけば、『義理チョコなど渡さない』という女の方が格好良くてモテるとも言えます。
義理チョコを渡す女というのは、男性から言えば『モテたい』『媚を売っている』とも捉えられますので、
変なところでマイナス印象にならないように注意しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6