トップへ戻る

子供を作るかどうかには慎重になるべき

子供を作るかどうかには慎重になるべき

子供を作るかどうかには慎重になるべき

男性からすれば、『女性は子供を持つということを軽く捉えすぎ』となります。
というのも女性の場合、『子供を持つことよりも結婚の方が重要』と考える人が多いでしょう。しかしこれ、無責任な考え方ですよね。

例えば、『結婚するために彼を騙して子供を作ってしまう』こんな女性もいるでしょう。
これって、『子供は結婚するための道具』ということですし、
『どうしてもその男性と結婚したいから、そのための手段として子供を作った』という、命を軽視し過ぎているのではないでしょうか?

本来ならば、子供というのは結婚よりも全然重いものですから、慎重に考えた末に決断するべきです。
それが『結婚前に作ってしまう』というのは浅はかです。

スポンサーリンク


例えば同じ子供でも、『子犬一匹飼うこと』これだって簡単なことではないはずです。
餌もやらなければなりませんし、糞尿の処理も必要であり、さらには、大きくなったら散歩に連れて行き、何かあれば獣医に見せるなど、
『生き物を飼う』ということは大変なことでしょう。

これが人間の子供だったら…、最も大変なのではないでしょうか?何より犬と人間では、法的な責任が違ってきます。
犬の場合には何かあってもそれほどの罪に問われることはありませんが、人間の場合、『管理者の責任』となることが殆どでしょう。
また、育て方が悪ければ人に迷惑をかけるようにもなりますから、子供を持つということは、安易に判断してよいことではないのです。

ですので、『作ってしまえ』という気持ちならば論外ですし、『結婚したら作るべき』という考え方も違うでしょう。
本当に責任を持って育てるという自覚があって、
自分の人生を投げ出してでも最後まで育てると覚悟できる人にのみ認められた権利ですから、それを間違わないようにして、
軽い気持ちで作ってしまわないように注意しましょう。


女性って勝手なもので、『子供さえできてしまえばこっちのもの』と思っている人がいるでしょう。
しかし、仮にも間違いでできてしまったのならば産まないことが正しい選択です。

間違いでできた子供など、男性は愛することができませんから、それでは子供が可哀相なはず。
このような判断ができるかどうかが重要なんです。

子供こそ、人生の中で最も慎重に判断するべきことであり、また取り返しのつかないことですから、とにかく冷静かつ慎重に考えて、
少しでも不安があるのならば止めておきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6