トップへ戻る

勘違いは避けることが大切

勘違いは避けることが大切

勘違いは避けることが大切

『あの人は私のことが好き』と思い込んでしまうこと、こんなことってありますよね。
例えば『優しくしてくれたから』とか『笑顔だったから』などの理由から勝手な妄想が進み、
勘違いが止まらなくなってしまうこともあるのではないでしょうか?

このような状態になってしまうと、『自分がとにかく苦しむ』ということを避けられないため、
確信が持てるまではむしろ疑ってかかった方がいいのが恋愛です。

例えば、『あの人は私のことが好きなのかもしれない』と感じても、『この程度のことで判断するのは早い』と冷静になったり、
『自分が気になっているからそう感じるだけ』と分析するなど、否定してかかることです。

スポンサーリンク


自分の気持ちの問題ですから、どうしても良い方向に捉えたいということがありますが、
そんなことをしてしまうと最終的に辛い経験をするのは自分なんです。

『相手も自分を好きである』という前提で告白したら、『そうだったの?』とびっくりされて振られる。こんなこともよくある話です。
男女どちらも『好意がありそうな態度を取る人』というのがいますから、恋愛経験が少なかったり、
思い込みが激しい人はそういう人に対し勘違いしないことが大切なんです。

では、何があったら確信を持っていいのか?ということですが、これは『告白されたら』『肉体関係があったら』となるでしょう。
もちろん、『肉体関係=好き』とは言えませんから、それに関しては相手がどんなつもりでしたのかを探る必要はありますが、
告白をされたのならばほぼ確実ですから、そういうことがあった時に確信することで、自分を守ることができます。

恋愛で傷付いてしまうと立ち直ることも大変ですから、深い闇に落ちてしまう前に、思い込みや勘違いは直すようにして、
確証を得るまでは行動しないようにしましょう。


勘違いって、男女関係の中では多いものでしょう。特によくあるのが『店員に勘違いしてしまう』というもの。
店員の場合、『笑顔も仕事』『親切も仕事』ですよね。

そのため、そんな笑顔や親切が『自分だけのもの』と捉えてしまう人もいるため注意が必要なんです。
店の形態にもよりますが、店員と客など、店の外に出てしまえば顔も覚えていない存在でしょう。

そのように考えれば、いかに店員が『笑顔も仕事』と捉えているかが分かるはず。
勘違いとはこのようなものですし、これは日常のどんな場面にもありますので、
それが『自分にだけ向けられている優しさだ』などとは思わないようにして、自分を守りましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6