トップへ戻る

男性が感じる女のセクハラ発言とは

男性が感じる女のセクハラ発言とは

男性が感じる女のセクハラ発言とは

男性はどんな時に『これはセクハラだな』と感じるのか?セクハラとは、『職場でのハラスメント』が基本ですが、
近年では広い分野で使われることが多く、特に『不快だと感じたらセクハラ』とされることが多いですよね。

従って、職場に限らずで捉えた場合となりますが、男性は『年収に関する質問』これをセクハラ発言と捉えているのです。
女性の場合、『女がセクハラで訴えられることはない』と思っているでしょう。

しかし、近年の場合全くそんなことはありません(2014年現在)。
女性の言動だって十分男性を不快にさせますし、男性はそれを我慢などしませんから、当たり前に訴えます。

スポンサーリンク


また女性は『その程度で訴えるなんて小さい男』と言うのでしょうが、それもセクハラとなります。
さらには、直接的には何も言わなくても、女同士で『あの男はセクハラで訴えた』と省いたり、
陰口をたたくようならばそれもセクハラとなりますので、『あくまで1対1の問題』ということを忘れないようにしましょう。

なぜ男性は年収に関する質問をセクハラと捉えるのか?
これは『年収に関する質問は、女性がスリーサイズを聞かれることと同じ』だからです。


女性の場合、これを理解できない人が多いようですが、知人程度の男性からスリーサイズを聞かれることって嫌ですよね?
また、そのような仲だからこそ『かわしにくい』というのがあるのではないでしょうか?

これがもっと仲が良い友人ならば、スリーサイズを聞かれた際にははっきり態度に出して答えないということも可能でしょうが、
相手との距離感によっては露骨に態度に出すことも難しいでしょうから、だからこそセクハラになるのです。

男性としても、『聞かれても簡単に断れる仲』ならばセクハラだとは思いません。
しかし男性の場合、それが友達という関係でも、相手が女性だと断りづらいという傾向があります。

というのも、女性の方が口が達者ですし、しつこい人は断っているのに聞いてきますよね。
本気でキレてしまう訳にもいかずで、最終的に年収を教えてしまうという人もいて、だからこそセクハラになるのです。
ですので女性は注意すべきです。『何は聞いてよい・何は聞いたらダメ』これをしっかり理解して、セクハラで訴えられないようにしましょう。


基本的に、表情を読めない人やしつこい人はセクハラになりやすいのです。
特に、年収や金に関することなど一般的にタブーですから、それを平気で言えるような人など尋常ではありません。

ですので、人の年収や金のことが気になり、それを聞いてしまうのならば『自分がおかしい』ということを理解しましょう。
そんなことをすれば不審者扱いされますし、絶対的に嫌われます。
嫌われてからでは遅いですから、常識を身に着けてモテる女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6