トップへ戻る

二人で会うことが大切

二人で会うことが大切

二人で会うことが大切

気になる男性ができた時には『二人で会ってみる』ということが絶対条件となります。
というのも、仲間内などの集団で、どれだけ『いい人だな〜』と感じていても、二人で会ってみなければ分かりませんし、
そもそも、その男性が自分を気に入っているかどうかさえも分からないからです。

例えば飲み会など、大勢で集まっている時には『基本的には笑顔で話す』というのが人間の特徴でしょう。
その様な場所で『この女はブスだから』『興味ないから』とあからさまに態度に出す人って少ないでしょうから、
特に恋愛経験がない女性の場合、そういう男性の仕草に勘違いしてしまうことも多いのです。

スポンサーリンク


そのため、『飲み会でいい感じだったから』と自分の中で舞い上がり好きになってしまう。こんな人もいるでしょう。
また、飲み会中には男性も笑顔であるため、『男性も私のことが好きなはず』と勝手に勘違いをすることもありますから、
そうなれば一層盛り上がり、歯止めがきかなくなりますよね。

そのため、『いつ誘ってくるのだろう』くらいに思ってしまったり、かなりの痛い女になってしまうこともある訳ですが、
こういうことって実際に確認してみなければ分からないでしょう。

だからこそ『二人で会う』ということが重要なんです。
従って、飲み会などで気になる男性ができたのならば、好きになる前に誘ってみることが重要です。
男性も、許容範囲の女性に誘われたのならば断わりませんから、それが答えとなります。

ただし、『誘いを承諾したから好きなはず』と思うことは間違いです。というのも、男性は基本的に『取りあえず行ってみる』と考えています。
要するに、誘われた際には取りあえず行ってみるというもので、『恋愛』という捉え方をしていないのです。
ですので、友人止まりもあり得るということは十分に考える必要がありますので、
全ては『交際が成立した時に、始めて確信する』ということが大切です。


妄想や勘違いって加速すると止められなくなりますから、最初のうちに『そんなはずはない』と思うようにすることが重要です。
最初に『私が勝手に勘違いしているだけだ』と思えたのならば、その後の展開って大きく変わりますし、
『冷静になっておいて良かった』と思える時が必ず来ます。

出会いやチャンスなどそう訪れるものではありません。また来る時には、どんな時でも来ますから、勘違いなどする必要はないのです。
むしろ、待っていると来ないのが出会いですから、恋愛がしたいと思う時にこそ違うことに力を注ぐようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6