トップへ戻る

おばさんが守るべきルール

おばさんが守るべきルール

おばさんが守るべきルール

『おばさんが守るべきルール』こんなものがあります。
男性としては『若い女性ならばいいが、おばさんにこれをされたらウザい』ということがたくさんありますし、
場合によってはセクハラになります。

従って、『おばさん』と呼ばれる年齢になったのならば、言動や仕草には注意するようにしましょう。
ちなみにおばさんというのは、『35歳〜』と考えることが一般的でしょう。

この捉え方は人によりますが、女性芸能人でもそのくらいの年齢になると、『美人』では通らなくなる人が多いですよね。
また綺麗な人であっても、どうしてもおばさんという印象が強くなってしまうため、避けては通れないことと考えるべき。
ですので、35歳前後になったらおばさんを自覚し、それなりの女性になることです。

スポンサーリンク


おばさんが守るべきルールとは、『若い女の真似をしない』『露出をしない』『若い男性を好きにならない』ということです。
これらはおばさんにとってはタブーですので、絶対にしないように注意しましょう。

例えば、どう見てもおばさんなのに言動が若い女性のような人っていますよね。
50歳くらいの女性でも、未だに自分を20歳前後の女の子と捉えているのか、『私は可愛い』と言わんばかりの発言をする人。
こんな人もいますが、これは不気味です。こういうのって、女同士ならば『可愛い』と言ってもらえるのでしょう。

しかし、35歳以上で女性から可愛いと言われる女である時点でアウトです。
普通ならば、『いい女』でなければならない年ですし、50歳前後ならば恋愛など卒業し、
若い女性の相談役になっていなければならないでしょう。
それなのに『まだまだ私は少女』と言わんばかりの女性は完全アウトですから、そうはならないことです。

また、女性の露出というのも年齢とともに見苦しくなるものなのです。ですので、これもやはり30歳代になったら控えるようにしましょう。
さらには、『若い男性を好きになってしまう』という人がいますが、これは絶対にNGです。

男性としては、『おばさんに好きになられる』という発想がありませんから、特別な感情を持って接しているなど思ってもいませんし、
それが分かった時には吐き気がするのです。
基本的に『若い男性に興味を持つ』これ自体NGですから、そんな人にはならないように、真面な淑女になりましょう。


誰でも年は取りますから、立派に年を取ることが大切です。
子供時代には『気味の悪い大人』というのが周囲に一人はいたものではないでしょうか?
自分がそうなってしまったらお終いですから、『大人とは』ということをいつでも追求することです。

問題を抱えていない人はいないはずですが、それでも頑張って生きなければならないのが現在の社会でしょう。
今後は、『頑張らなくて良い時代』が来ることも考えられますが、それまでは、頑張ることを止めたら非難されますので、
そうならないためにも、ストレスをため込んででも大人を演じるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6