トップへ戻る

勘違い女の服装とは

勘違い女の服装とは

勘違い女の服装とは

  モテる女の服装というと、『適度に露出されていて、特に胸元が開いていること、太ももが見えること』ですよね。
  これは女性も分かるでしょう。
  だからこそ、多くの女性がそんな服装をする訳で、また男性もそんな服装の女性が好きな訳です。

  しかしながら、このような露出の多い服装というのは、『女性ならば誰もがやっていい』という訳ではありません。
  男性だって、全ての女性に露出を求めているという訳ではなく、
  『こんな女には露出されたくない』という人もいるため、そこは勘違い女にならないことが大切です。

  露出して欲しい女性というのは、基本的に美人やセクシーな女性です。
  従って、外見が良くないと露出というのは許されないのです^^


  ですので、太っている女性や若くない女性が露出をしてしまうと、
  『むしろしない方が良い』ということにもなりますので、
  そういう部分で男性の心理を捉え違わないように注意しましょう。

  例えば、『太っているのに露出してしまう女性』これって単純に見っとも無いだけですよね?
  男性としては『ふざけんな、出すなよ!』というのが正直なところですし、
  『その体型でなぜ露出?』という疑問もあります。

  太っている女性としては、『デブでもしないよりは露出したほうがいい』こう考えているのでしょうが、
  それは間違いです。
  『自分の欠点を曝け出すこと』これに何の意味があるのでしょうか?

  例えば、『金が入っていない財布を見せ付ける男』これって無価値な男ですよね?
  『隠せよバーカ』と思いますよね?これと同じです。

  太っているのなら、せめて体型が分からない服を着た方がまだマシというものですから、
  その辺りを勘違いしないことが重要です。

  また、『若くもないのに露出してしまう女性』これも問題です。
  抵抗なく露出していいのって20歳代半ばくらいまででしょう。それ以降は、大胆な露出は避けるべきです。
  そうでないと、『年甲斐もなく見っとも無い・見苦しい』となりやはりマイナスです。

  男性だって、おばさんの露出など見たくはありません。女性もそうでしょう?
  例えば、20歳代男性の裸ならば興味があるでしょうが、
  30歳代以降の男性ならば、単純に不快なのではないでしょうか?
  人間って、30歳前後になったら肌を見せたらいけない年齢ということです。

  しかし、それを受け入れることってなかなか難しいのです。
  だからこそ、年甲斐もなく大胆に露出してしまうおばさんがいる訳で…。

  そうなれば、男性は興奮するどころか引いてしまいますので、
  30歳代以降で露出する場合は、『ワンポイントの露出』これを心掛けましょう。


  スタイルさえ保っていれば、何歳でも露出は許されるところがあります。
  それでも、年相応を心掛けることは重要になりますので、
  『見っとも無くならないこと』これを意識しましょう。

  服装って、勘違いしてしまっているととても残念な人になります。
  そうなれば、そこまで積み上げてきた全てのことが水の泡になりますので、
  自分を理解して、自分に相応しい服装を心掛けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6