トップへ戻る

下ネタOKの女になること

下ネタOKの女になること

下ネタOKの女になること

女性に求められることは『下ネタOKの女になること』なのです。女性の場合、男性が下ネタを言うと露骨に態度に出す人がいますよね。
しかしこれは幼いので注意すべきです。
下ネタに対する対応って重要で、これを男性に置き換えるのなら『女性に年収などを聞かれた際にどう対応するか』ということと同じとなります。

例えば女性が男性に年収を聞いた際、露骨に『その質問は不快だ』という顔をしたのなら、
『非常識な質問をしたのは自分』ということは理解しながらも、『この男性は幼いな』と笑ってしまうのではないでしょうか?

男性が感じることもこれと同じなのです。従って、下ネタに対し露骨に不快だという態度を出したら『笑われる』ということ。
女性としても、不快だと不機嫌になっているのにそれを笑われたら余計に不愉快になるのではないでしょうか?

だからこそ、『下ネタOKの女になる』ということが求められるのです。
とはいえ、完全に下ネタに乗っかる必要はありません。
男性は、女性が下ネタに乗っかってきたら、『この女は下ネタを言っても大丈夫だ』と捉えます。

スポンサーリンク


そうなれば、女性自身の体のことや、かなり深い話についても聞かれることになります。
他人のことならいいでしょうが、自分のことは話したくないでしょう。
ですので、下ネタOKの女といっても、無駄に付き合い過ぎる必要はありませんので、そこは注意すべきです。

これも、『男性が収入を聞かれた場合』で考え、『どんな対応がスマートか』で考えると見えてきます。
例えば女性が『年収どのくらいですか?』と男性に聞いて『普通ですね』と男性が答え、『普通って言うと?』と女性が粘り、
男性も『だから普通ですよ』と語気を強めたら、NGな男性になってしまいますよね。

一方で、同じように年収を聞かれ『普通って言うと?』と女性に聞かれた際、
『いやいや、本当に普通ですよ。ていうか、そんなこと聞いてどうするんですか?』と軽い口調で言える男性ならばスマートであり、
かつ『これ以上は聞けない』と言う雰囲気も醸し出すのではないでしょうか?

このように、対応次第でその人の器が表れますから、とにかく不快感を表に出したらダメです。
特に男性が下ネタを言い出した時点では、男性は女性を攻めたてようとはしていません。

従って女性がどう感じようが、嫌がらせでも何でもないのです。女性だって、男性に年収を聞くことは嫌がらせではないですよね?
しかし男性は『年収を聞かれること』を嫌いますから、だからこそ態度に出す人は出します。

不快ならば不快とすることも大切ですが、状況次第では自分を落としますので、特に下ネタに関しては対応できるように、
OKな女になりましょう。


男性って、女性が下ネタを嫌うとは思っていない部分があるのです。
これに関しては『男性に年収の話はNG』ということなど女性も分かっていないでしょうから分かるはず。
男女では『なぜこの話がNGなのか』ということがそれぞれありますので、しっかり対応できるようにして、いい女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6