トップへ戻る

男性が感じる逆セクハラ女とは

男性が感じる逆セクハラ女とは

男性が感じる逆セクハラ女とは

  『セクハラ』というと、数年前までは女性のみがうったえるものでしたよね(2013年現在)
  とはいえ、男女平等の権利ですから、
  男性も当然同等に主張することができる訳ですが、
  それでも男性は『あまり気にしない』『その程度のことで』という人が圧倒的に多かったはず。

  しかしながら昨今では、男性が女性に不快感を感じるセクハラ、
  いわゆる『逆セクハラ』が流行っているのです。

  これは主に、20歳代男性などの社会人としては若手の男性に多いもので、
  そんな男性たちが、
  30歳代以上の女性上司や同僚たちに『それは逆セクハラだ』と苦痛に感じているというもの。

  一昔前ならば、20歳代の新人男性社員でも、女性上司のそんな部分など気にしなかったはずです。
  または、ここ数年で女性上司が職場に増えたということも一因しているのかもしれませんが、
  何れにせよ、『最近の新人はちょっと違う』というのは事実でしょう。

  従って、今後は増々『女性も逆セクハラで訴えられる可能性がある』こんな時代になります。
  ですのでこれからは、
  女性自身が『自分の言動や仕草が男性を不快にさせるかもしれない』ということを十分に意識する必要があります。


  またこれは、同世代でもあり得ることです。
  逆セクハラというと、『30歳代以上の女上司の言動によって、
  新人レベルの若い男性社員が不快感を持つ』こんな印象があるでしょう。

  しかし、『セクハラ』というのはそもそも不快に感じるかどうかです。
  そのため、年齢差というのは重要ですが、それだけではありません。

  例えば男性としては『太っている女性が露出している』これだけで不快に感じます。
  男性って女性の露出を喜びますが、
  『女性が太っている』『女性が決して若くない』この状態だと喜べず、むしろ不快なのです。

  ですので女性は、『自分は周囲に不快感を与える女かどうか』これを考えた上で行動することが大切ですので、
  自分の基準で動くのではなく、一般的な常識に従うように心掛けましょう。

スポンサーリンク


  【逆セクハラにならないためには】
  『相手が不快に思ったらセクハラ』ですから、これってかなりハードルが高いことなのです^^
  例えば職場で『○○さんって彼氏いるの?』これも、聞いてきた男性によってはセクハラであり、
  相手次第では違いますよね?そのため、判断基準は無限にあります(笑)

  極論すれば、女上司が男性の部下に『今朝は何食べた?』これだけでも逆セクハラになり得るということです。
  今までの、女性が『セクハラ』と主張してきた例を見れば、
  『そんなの普通の会話だろ』と思われるようなことでも立派なセクハラとなっています。
  従って、『若い部下とは仕事以外の会話はしない』これが、逆セクハラにならないための方法となります。

  その他にも、自分自身の言動にも注意すべきです。
  例えば、30歳代・40歳代の男性上司が、職場での昼休みに性に関する話を大声で話していたら不快ですよね?

  しかしそれが、入りたての新人だったら不思議と『若いっていいな』くらいで済むでしょう。
  このように、『年相応になる』ということは重要です。

  ですので、職場での言動はもちろん、それなりの年齢ならば服装等にも注意して、露出は控え目にするなど、
  大人の女性になることが何よりの逆セクハラ対策になると言えるでしょう。


  20歳代半ばくらいまでの男性にとっては、30歳代以降の女性というのは微妙なラインなのです。
  大人の女としてしっかりしていれば『綺麗な人』ですが、品がないと『生理的に受け付けない人』です。

  上品な女性とは何か?これを考えることが大切ですから、
  上品でいい女を心掛けて逆セクハラとは無縁な女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6