トップへ戻る

子供を作らないというルールも重要

子供を作らないというルールも重要

子供を作らないというルールも重要

女性の場合『将来的には子供が欲しい』と考える人が多いでしょう。
女性は『真剣交際をして結婚をして、子供がいる温かい家庭』こんなものを望んでいるのではないでしょうか?

しかし男性の場合、それを望んでいるとも限りませんので注意が必要です。
というのも、子供を切望するのって女性の特徴であり、男性としては『それほどでもない』が一般的な見解なのです。

男性は『我が子が生まれた時に初めて可愛いと思う』ということはありますが、存在を確認する前から『欲しい』と思うことはあまりないのです。
また、我が子がいても可愛いとも何とも思わない男性も多いため、この点から考えても、女性とはかなりの温度差があるでしょう。

また近年は『子供を作らないとダメな時代』ではありません(2014年現在)。
現在は少子化とはいえ、人間の生き方にも自由化が認められています。

スポンサーリンク


一昔前のように『男女は一定の年齢になったら結婚して子供を持つことが当たり前』という時代ではなく、
『色々な生き方がある』ということが完全に受け入れられた時代でしょう。
そのため『○歳で独身なんて』と非難したら、むしろ非難した人がおかしいとされますよね。

さらには、社会的な事情から『子供を持つメリットがない』ということも考えられるのです。
例えば少子化に貢献するために子供を作っても、手当よりも苦労や負担の方が大きいですよね。

そして何より『自分の時間が完全に無くなってしまう』これが子供を持つということでしょう。
だからこそ育児ストレスなどがあり、ショッキングな事件も後を絶たない訳です。

このようなことから考えれば、女性が望む『子供が欲しい』という願望は一度リセットし、『子供は作らない』という考え方を持った方が、
恋愛をする上ではスマートであるとも言えるはずです。

ですので、『交際=結婚』『結婚=子供』と考えるのではなく、まずは何より男女関係を楽しむこと。これを心掛けましょう。
その延長線上に、またその結果として結婚や子供というのはあるものですから、
始めからそれを目標にしてしまうことはしないようにして、男女どちらもが楽しめる恋愛をしましょう。


男性って、結婚や子供の話を出されるとつまらないのです。
女性だって『会えば肉体関係』これだけしかない男がパートナーだったら嫌でしょう?結婚や子供の話を出されることはそれと同じなのです。
ですので、そんな女性にはならないように注意して、『結婚や子供は結果』ということを理解しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6