トップへ戻る

恋愛は止めたらダメ

恋愛は止めたらダメ

恋愛は止めたらダメ

『恋愛は止めたらダメ』これを理解することが大切です。
例えば失恋した時に『もう恋はいいや』と止めてしまう人もいますが、
それをしてしまうと『一生恋はしない・できない』という状態になってしまうこともあるのです。

恋愛っていつでも良いことばかりではなく、自分が大きく傷つくこともたくさんあります。
しかし、その度に恋をストップさせてしまっていては『時間ばかりが過ぎる』ということになってしまうため、マイナスでしかないのです。

失恋の種類によっては深く傷ついて、
『あんな経験はもう二度としたくない』『恋をしたら、また同じ経験をするだろう』と臆病になってしまうこともあるでしょう。

スポンサーリンク


しかし、そうやって止まっていても良いことなどありませんし、大切なことは続けることですから、
『また失敗してもいい』とプラスの気持ちを持って前に進むこと。これが大切になります。

その一方で、『なぜダメだったのか』ということを考えることは重要です。
恋愛は続けながら、
『過去の恋愛はなぜ上手くいかなかったのか?』『どうしてあんな酷い振られ方をしたのか』ということは考えることです。

これをしなければ、また同じことの繰り返しとなる可能性は高いですし、『前の恋愛から何も学んでいない』となってしまうでしょう。
『失敗からどれだけ学べるか』これが恋愛では大切ですから、失恋した時にこそ自分を見つめたり、
過去を振り返って分析することが大切になります。

いつまでも『あんな言い方は酷い』と嘆いていても何も変わりませんから、『言われないためにはどうするべきか』ということをしっかり考えて、
それが頭の中で整理できたのならば行動に移せるように頑張ること。
考えることと行動に移すこととでは体力が違いますから、『行動に移せて始めて変われる』ということを理解しておきましょう。


恋愛って止めてしまったらダメなんです。
自分から振ることもあれば、振られることもある、または、体だけの関係があったり、相手を利用してしまうこともある。

こんな経験の積み重ねで大人になりますから、恋愛に背を向けてしまったら、そこまで築き上げてきたものの全てがダメになってしまいます。
精神的に大きなダメージを受けたからという理由で恋愛を止めてしまったら、その時点で子供に戻ると捉えましょう。

最悪の場合、社会から抜け出してひきこもりになってしまうこともありますので、恋愛という人間関係から逃げてはダメです。
挑み続けていれば必ず良い相手に巡り合いますから、
そうやって理解してくれる相手と出会った時こそ人生の勝利だと確信するようにして、それまでは全力で走り続けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6