トップへ戻る

結婚しない方がいい人の特徴

結婚しない方がいい人の特徴

結婚しない方がいい人の特徴

『こんな女性は結婚しない方がいい』『結婚に向かない』という人がいるもので、それが『金遣いが荒い女・物欲がある女』となります。
男性は基本的に、金遣いが荒い女や物欲がある女との結婚は避けますが、それでも誤ってしてしまう男性もいるものです。
しかしながら、このような女性はそもそも結婚には向かないため、その生活は長くは続かないのです。

というのも、『贅沢がしたい』『物が欲しい』このように考えているのなら、結婚するよりも独身でいた方がそれが叶うと言えます。
もちろん、大富豪と結婚することができたのならば別でしょうが、それを実現できる女性ってごくごく限られた女性だけですよね。

たいていの場合は『勝ち組結婚』といっても、高収入のサラリーマンだったりなど、『一般的な収入よりは上』というレベルであって、
『欲しいものを好きなだけ買いなさい』というタイプの男性ではないでしょうし、実際にそこまでのゆとりはないでしょう。
そのため、『結婚した時点で理想の贅沢はできない』となるのです。

スポンサーリンク


例えば旦那の年収が1200万円だったのなら、普通に考えれば十分な年収ですが、『これから子供ができるから〜』と考えた場合には、
お金を貯めておかなければならないでしょう。

また結婚している場合には、いつどんなところで大きなお金が必要になるとも限りません。
さらには、旦那がリストラにあっても不思議ではない時代です(2014年現在)

従って、『妻にいくらでもお金をかけられる夫』って、実際にはそれ程いないのです。
このように考えた場合、贅沢をするのならば金持ちの彼氏を複数作った方が賢い選択だとは思いませんか?

例えば、『交際する条件は年収600万円以上』と自分の中で決めておけば、要求するプレゼントにも無理が無くなります。
そのくらいの収入の人ならば、年1回くらいなら、高価な贈り物をすることもできるでしょうし、
さらには、もっと高収入の男性ならば、プラスαの贈り物ができるはずです。

もちろん、『彼氏をたくさん作る』というのは若い女性の特権であるため、最終的には結婚も必要になるでしょうが、
その時までには『物欲を卒業する』ということも大切になってくると思います。
ですので、若いうちに贅沢がしたいのならば、結婚ではなく支援者をたくさん作ること、この方が賢いですし、
物欲がある女性の場合には、結婚よりもそちらの方が向いていると考えられます。


愛情で相手を選べない場合、『結婚はしない方がいい』と判断するべきです。
男性は、『結婚相手には愛情を求める』という傾向があります。
従って、『結婚が金目当てだった』ということが分かった場合には、即離婚もあり得るのです。

『大切なことは気持ち』馬鹿馬鹿しいと思うでしょうが、これが分かるまで結婚はしない方が自分のためですから、
それまでは多くの男性を楽しむようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6