トップへ戻る

結婚して後悔することとは

結婚して後悔することとは

結婚して後悔することとは

『結婚して後悔する』こんな人たちもよくいますが、それはどんなことに後悔するのか?
結婚というと『大きな期待や理想』これを持ってする人も多いですが、結婚生活は楽しいことよりも大変なことの方が多いですし、
また『夢』ではなく『現実』であるため、この『理想と現実との違い』に後悔する人が多いのです。

要するに『こんなはずじゃなかった』と感じる人がたくさんいて、それが募って離婚することとなります。
また『交際中は仲が良かった。だから大丈夫だと思った』という人でも、『結婚後数ヶ月で離婚』という人も多いものです。
これこそが『交際と結婚とでは全然違う』ということであり、交際というのはどれだけ仲が良くても相手に気を使いますし、
『まだ一緒に生活をしていない状態』『同棲していても、心理的にはいつでも止められる状態』であるため負担が少ないのです。

スポンサーリンク


一方結婚の場合、『法的に結ばれた』という重圧があるため、夫婦生活を全うすることが義務となります。
また結婚に関しては『育った環境』が大きく関係します。

例えば『一家団欒』という家庭で育ったのならば、その人は当然そんな家庭を求めるでしょうが、
『父親が絶対』のような家庭ならば、それが普通だと思ってしまうことも否めません。
このように、環境による不一致というのは大きいですから、結婚ってなかなか難しいのです。

さらには、『どちらも必ず譲るべき・我慢するべき』というのがありますから、それも限界になれば後悔や離婚の理由となります。
『適度な距離感を保つこと』これができないと継続することは難しいでしょうし、かといって離れ過ぎになってしまっては確実に別れます。

ですので、後悔しないためには事前にしっかり相手を選ぶことです。
他人同士が一緒に暮らすようになるわけですから、『全てにおいて完璧』などあり得ません。
どんな家庭を築きたいかということを二人で話し合って、失敗しないようにしましょう。


『結婚してから相手が変わった』このように思うことって多いでしょうが、これはある意味当たり前です。
交際中は多少なりとも気を使っていますから、その状態を一生保つなど不可能です。
そのため『男性は結婚を機に』『女性は出産を機に』と、こんなタイミングで変わることも多いでしょう。

『相手の親を見ること』これも一つの選択です。
親というのは『最終的にはこうなる』というモデルとも言えますから、それを受け入れられるかどうかを判断しましょう。
例えば、親が品が無かったら、子供も品がないと考えられますので、勢いで結婚を決めるのではなく、慎重になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6