トップへ戻る

男性は家政婦で良い

男性は家政婦で良い

男性は家政婦で良い

男性は『結婚などせずに、必要ならば家政婦を雇えばいい』このように考えているのです。
というのも、『養う』となるか『費用を払う』となるかの違いだけですから、それならば家政婦に費用を払った方が安いですし、
しかも家政婦ならば、『必要な部分だけでよくて、また必要無くなったらいつでも解約できる』という長所があるため、
全然結婚よりもメリットがあるのです。

男性が結婚して女性を養うことの唯一のメリットって『家事をしなくて良くなる』ということでしょう。
男性の場合、『忙しいから家事をする時間がない』『家事が苦手』などの理由から、『してくれる人がほしい』と考えることもあるはず。

そうなれば選択肢としては、『結婚』または『家政婦』となるはず。一般的に考えると『家政婦の方が高そう』と考えるでしょう。
というのも、毎日雇っていれば、毎月まとまった費用を支払う訳ですから、それなりの出費となります。

しかし実際にはそんなことはありません。結婚した場合、『食べさせる』これだけでは済まないのが現実なのです。
例えば旅行に行く時でも2人分ですし、『プレゼントが欲しい』と言われれば、1ヶ月の家政婦料金よりも高額になる可能性もあります。

スポンサーリンク


さらには、『旅行はしない、プレゼントもいらない』という女性だって、『食費だけでいい』とはならないでしょう。
従って、長い目で見れば確実に家政婦の方が安く済みます。

これって考え方次第なのですが、結婚した場合には、『1ヶ月いくら』という明確な金額を支払う訳ではありませんから、
そのため、感覚的に分からないのです。ですので、結婚前に計算してみることです。

そうやって計算すると、掃除や洗濯などは自分でするようにしてしまえば、『料理を一流のシェフを雇う』としても、
結婚するよりも安く済む可能性もあります。
このように考えれば、『男性は家政婦で良い』という考え方も納得がいくでしょう。しかしこれは、女性にもいえることなのです。

女性だって、経済力さえあれば家政婦やシェフを雇えますから、楽しい生活を送ることができます。
世の中は全てが経済力ですから、家政婦を雇えるような女になりましょう。


今後は結婚ではなく、『使用人を雇う』とこんな時代になるかもしれませんね。
何が自分にとってプラスかと考えれば、結婚などマイナスでしかないのです。
高収入な勝ち組女になってから、結婚か家政婦かを考えてみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6