トップへ戻る

結婚など紙切れ一枚と考えること

結婚など紙切れ一枚と考えること

結婚など紙切れ一枚と考えること

結婚をした途端、『永遠に結ばれた』と考える人もいますが、結婚など紙切れ一枚ですよね?
これを分っているかどうかって重要で、実際には交際と何も変わらないということを理解しておく必要があります。

というのも、『結婚したからもう大丈夫』と思ってしまうことは浅はかであり、
『いつ別れてもおかしくない』このように考えることは普通で当たり前でしょう。

実際に『結婚後数ヶ月で離婚する人達』というのもたくさんいますから、そういうことをしっかり考えた上で結婚を決断すること、
これは大切です。結婚と交際の違いは『法的な拘束力があるかどうか』これだけでしょう。

交際の場合単なる友人関係ですから、例えば『浮気』といっても、実際には『肉体関係ありの友人を増やした』というだけのことであり、
罰せられる対象にはなりませんよね。

スポンサーリンク


ですので、どれだけ彼氏が浮気をしても、それは道徳的な問題があるだけで、また二人の問題ではあっても、
『それだけのこと』のはず。しかし結婚の場合、どちらかが浮気などをした場合には、慰謝料を請求できるでしょう。

例えば奥さんが浮気をしたのなら、旦那は奥さんに対し慰謝料を請求することができます。
このように、『法的な力があるかどうか』これが結婚となるため、結婚するのならば慎重に考える必要があるのです。

また、法的な拘束力があるにしても、冒頭でも書いた通り結婚など紙切れ一枚です。
そのためいつ終わっても不思議ではないため、だからこそ準備というのが必要なのです。

ですので、『別れることを想定して結婚する』これって重要になります。
『別れることを想定して結婚する』これではなんだか夢がなくつまらないと思うでしょうが、実はこの方がお互いのためなのです。

というのも、ルールを決めておくだけで別れなければいいだけのことですから、結婚生活には何の問題もありません。
例えば、『生活費は共有しない』『財産は区別する』などのように、いつ別れても、
お互いがそこからすぐにスタートできる環境を作っておければ、離婚もスムーズになるでしょう。

離婚した時に『テレビは私のものだ、いや俺のものだ』となっては大きくモメますよね。
だからこそ、『どちらのもの』という証明を作っておくのです。これはもちろん住む場所に関してもそうです。

持家ならば共有にしない、賃貸ならば半分ずつ払うなど、徹底したルールを作れば綺麗に別れることができます。
離婚が多い現代の日本においては、こんなルール作りが求められていると言えるでしょう。

むしろこれは『結婚する者、交際する者の義務』と言えるのではないでしょうか?
このように考えれば、『専業主婦』などという考え方は消え去り、結婚後も、男女どちらも仕事を続けることが当たり前の世の中となるはず。
『いつでも再スタートが切れること』これが大切ですから、ただの紙切れに惑わされないようにしましょう。


『婚姻届』これは魔法の紙ではありません。この紙に安堵し騙されてしまう人も多いですが、ただの紙です。
ここからが始まりな訳でもなく、『紙を役所に提出した』というだけで、実際には何も変わりません。
結婚に新鮮さなど感じていたらいつかダメになります。現実的に捉えて最悪の事態に備えておきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6